最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界のてっぺんのふもとまで チベットツアー その2

2009年08月28日 21:50

翌朝、朝7時前に起床し1人で開門前のタシルンポ寺へ。

タシルンポ寺とは、代々チベット仏教におけるダライラマに次ぐ権力者パンチェン・ラマの居寺。

今、そこに居座るのはパンチェン・ラマ11世。


ところがこの11世。ダライ・ラマ14世およびチベット亡命政府が探し出したゲンドゥン・チューキ・ニマが中国政府に認められず、中国政府が探したというギェンツェン・ノルブ少年が11世に即位し、そのままタシルンポ寺の座主となっているという。

さらにはダライラマ14世らに認定されたニマ少年は、パンチェン・ラマ11世承認の数日後に家族共々行方不明になるという、あまりにも黒すぎる政治的な背景を抱えている。


9時開門だったわけだが、たどり着いたのは8時前。

もちろん門は開いてない。

ところが門の右側に社員通用口的な入り口があり、開いており、入ってみる。

すると入ってすぐのところにチケット売り場があり、そこも通過しようと思ったんだけど、

早朝、寺には誰もいないもんだから、売り場で読書をしつつ見張っていたチベット僧にばれる。

そういうことで寺の中には入れず、売り場から全景を撮影するのみとなってまった。残念。
IMG_2491.jpg

9時前に宿に戻り、みんなで再びタシルンポ寺へ。

誰も入る気がないもんだし、本日はエベレストB.Cまでの強行日程。

急いで出発しなきゃいけない空気もあり、軽く寺の門の前をぶらぶらしただけ。


しつこくお金をせがんでくる少年。チベットに入ってからは、こういう子供も大人も増えてきた。
チベット人が経済的に豊かでない証拠。チベット自治区は、中国の各地域の中での経済力が最下位らしい。
IMG_2510.jpg

タシルンポ寺の前に造られたわざとらしく真新しい広場に造られた像。
こんな像は、中国の各都市の中心部にたいていあって、この自転車乗りの外人は、
中国と大きく書かれたシャツを着ており、
さらには左腕にしている腕時計には って書いてあった。別にGショックつけさせなくてもいいんじゃない?
こんな像をつくっちゃうセンスには呆れてしまう。

IMG_2515.jpg

尼僧達。愛嬌があって、とても可愛らしかった。
IMG_2522.jpg




観光後、すぐに出発すると思いきやドライバーがいない。


なんでだろと思ったら、ベースキャンプに行くためのパーミットを公安まで取りに行ってるらしい。


集合は、9時。結局出発できたのは、13時すぎ。

4日間の中で一番の強行日程と聞いてたけど、まさか午後出発になるとは!




でもこんなぐだぐださが好き。




ところが、ガイドさんより悲しいお知らせが。


今日は、出発が遅すぎたのでベースキャンプには泊まれないとの事。




みんなベースキャンプは心待ちにしていたので、ランクルの中でガイドさんを質問攻めに。



ドライバーさんとガイドさん検討の末、翌日の晩ベースキャンプに泊まることにして、

今日はティンリー(定日)という街に宿泊することに。





そしてティンリーまでの長い長いドライブは、またまた絶景の連続。

本日、ベストショット。車窓からの流し撮り。
IMG_2538.jpg


余りにも気持ちが良く、東チベット理糖での日食以来のテンションの上がりっぷりで、車窓から叫んでみたりしちゃいました。


自由にドライブする事が出来たら、どんなに楽しいんだろ。
IMG_2549.jpg

僕らのドライバーさんと、ランドクルーザーのツーショット。
ドライバーさん、休憩地点で僕らがもたもたすると「ゴー!ゴー!」と言って煽ります。
そしてたまに居眠りをするので、僕らが全力で起こしに掛かります。
IMG_2584.jpg


結局、ティンリー(ニューティンリー)に着いたのは17時過ぎ。

ティンリーにはオールドティンリーとニューティンリーがあり、

ニューティンリーのほうは、エベレストB.Cに行くために造られたような町で、他のチベットの町とは違い、チベットの香りがせず、割と漢民族が多い。といっても、端から端まで数百メートルのものすごく小さな町。

水シャワーしか出ず、ふかふかすぎて、腰から沈んでしまうようなベッドのあるドミトリー(30元)にて、
宿泊。翌朝の出発に備える。







絶景の連続 チベットツアー その1

2009年08月26日 10:11


雲ひとつ無い相変わらずのラサの青空。絶好のドライブ日和。

9時に宿前に集合し、狭いランクル内に乗り込む。

ドライバー1人、ガイド1人、そして僕ら5人。たくさんのバックパックのせいで

二番目の席には4人が座り、一番後ろには荷物と一緒に1人が座る。

ぎゅうぎゅうかと思ったけどそれほど窮屈ではない。さすが4500ccのランクル。




出発して数時間、幾重にも巻かれた坂を上りつつ峠を越えると、
IMG_2297.jpg



いきなりとんでもない絶景にお見舞いされる。

IMG_2347.jpg


この湖について何も知らない上に、心の準備が出来ていなかったので不意打ちの感動。
ヤムドゥク湖(羊卓雍湖)。チベットにある4つの聖なる湖のうちのひとつ。
自分からは中々しゃべってくれないガイドさんから聞き出した情報はこれだけ。


この子は、犬と一緒に来て、「一緒に写真とって、10元、10元」としつこく言い寄ってきたのを、
こっそり激写。いい画。
IMG_2328.jpg

そして峠を下り、湖畔沿いを走るとこれまた絶景。
湖に美しい雲が映し出され、本当に素敵な景色に。
IMG_2384.jpg

途中、道路から横転したバスを見つけてちょっとびびる。
写真に撮ると背景のせいで、バスの横転のインパクトが薄れている感あり。
IMG_2429.jpg



ずっと続く絶景に睡魔に襲われ、数十分。目が覚めると標高5020mのカローラ氷河。
これまた凄い迫力。氷河からはゴオゴオと獣がうごめくような音が響く。
IMG_2415.jpg


そして、チベット第三の都市 ギャンツェ到着。

みんな入場料を払いたくない主義で、これまた勝手に入場した白居寺。
左側の塔は、パンコル・チョルテと呼ばれる仏塔。

IMG_2436.jpg

そして、ギャンツェの中心にそびえ立つギャンツェ・ゾン。まるで天空の城。
20世紀はじめにチベットがイギリスに進出された際、チベット人たちはこの城に篭り、イギリス軍と戦ったそうな。
IMG_2444.jpg

ギャンツェを出て、再び数時間16時頃にシガツェ到着。
宿はタシルンポ寺のすぐそばにあるガンギャン賓館。(ドミトリー 30元)

隣にカーペット工場があり、チベタンが造る精巧な絨緞製造現場を少しだけ見学。
IMG_2454.jpg


上に書いたことが一日で起きたとはにわかに信じられないお腹いっぱいの贅沢すぎる一日。

こんな綺麗な景色の下に育つんだもの、チベタンの性格が心豊かにならないわけがない。

まだまだ綺麗なたくさんの写真達は、そのうちPicasaでアップロードします。






中国からラサに行く方法

2009年08月24日 11:18

成都にずいぶんと想像を絶するほどに長居して、その間ラサに行って成功した人、失敗した人の情報が聞けたので、ここにご紹介します。せっかくなので。

ラサに行く方法

1、素直にツアーを組む。

基本的には中国チベット自治区への入境にはパーミット(許可証)が必要となり、
そのパーミットを入手するためには、自分ですべてのスケジュールを組んだ上で、
ガイドを一人雇い、ツアーを組まなければいけません。

というか、本当はこれしかラサに行く方法はありません。

成都のSim's cozy guest houseでは、ツアーでラサに行きたいたくさんの旅行者が、
掲示板に仲間を募ってました。

そこにざっくりの値段が乗っていたんだけど、成都出発の7日間くらいのツアーだと

4人集まれば大体2500元(宿代、ラサまでの電車代、食費は別)
3人以下だと、3,000元や4,000元とどんどん値上がりしていきます。

パーミットさえあれば、電車でも飛行機でも簡単に行けます。



2、ゴルムドから闇バス

一人しか知りませんが、1300元程度かけていったそうです。
途中、警察の検問があり、賄賂を払う必要があったりと、結構大変な道のりみたいです。




3、西寧から中国人に紛れてチベット鉄道乗車

僕の出会った日本人の95%がこの方法でラサに行きました。

失敗した人は居なかったので、成功率は相当高そうです。

ただ、中国当局も感づいているようで駅構内での監視が厳しくなってるそうです。

また、ラサ行きのチケットの手配から乗車までを手伝ってくれる牛さんなる人物が、

西寧駅で日本人を見つけると話しかけてくるみたいです。

彼に頼むと、チケット代 硬座 300元に追加で300元ほどかかるみたいです。

彼の電話番号をどういうわけか知ってますので、知りたい方は連絡下さい。

別に、彼に頼まなくとも誰か他の中国人にチケットを頼んで購入できれば、普通に乗車出来るとは思います。


4、蘭州から中国人に紛れてチベット鉄道に乗車

数多くの西寧から行けるという情報を聞いておきながら、敢えて蘭州から行ってみた僕の方法。


ただつたない中国語でラサ行きのチケットを買い、駅の右側にあるラサ行き待合室に普通に入って、
普通に改札を通るだけ。

たまたまなのか、いつもそうなのかは分かりませんが、パーミットに関する何のチェックも無く
乗車に至りました。

しかも硬座に乗るのが一番安全という話を、何度も聞いておきながら硬臥(二等寝台)で。

旅客健康登記カードと呼ばれるものの入手がチケットの購入の際に必要です。
もし無理でも、車内で普通に配ってると思います。

僕はなぜか回収が無かったのですが、中国人の偽名と住所、連絡先をあらかじめ用意する必要があります。用意と言っても、とりあえず何か書いておけば良いだけなのですが。

IMG_0001.jpg


5、どこからでもヒッチハイクしてトラックに乗り込んでそのまま通過。

これでラサに行こうとしてる人に出会いました。



失敗例

雲南や東チベットから普通に中国人に紛れてバスで行こうとしている人に、
何人か会いましたが、成功した人はいないみたいです。







標高3,500mをMTBで全力で登坂して高山病(ラサ・デプンゴンパ)

2009年08月23日 20:05

チベットツアー出発は翌日。

ラサには、まだまだ滞在していたかったけど、ビザの期限もある事だし、
パーミットがあるわけでもないので仕方ない。

連泊中のバクナショーホテルのドミトリー同室には西寧から自転車で一ヶ月かけて来たという

学生を休業して、一年働いて、またこれから学生に戻るという英語が尋常じゃなく

上手な中国人が泊まっていて、

前日の晩は彼に「中国の悪い点はなんだ?」だの、「毛沢東についてどう思う?」、「今、日本が抱える問題は何?」「日本民族は、どこから日本列島に入ってきたの?」だの大変込み入った質問を英語で夜中までずっとしてくるもんだから、翌朝は完全に寝不足。それに、そんな難しい質問に英語で答えるだけの力量は僕にはあるはずもなく、英語の勉強不足を痛く実感。






そして翌朝。

彼「今日は、どこいくの?」

僕「自転車を借りて、デプンゴンパに行くつもり」

彼「ジョカンもセラ・ゴンパもチベット人に紛れてタダで入ったららしいじゃん?
どうかその方法を僕に伝授してくれ。君に今日はついていくよ」

お寺を参詣するにはどうも動機不順のような気がしたけど、断る理由もないので承諾。

そして、ホテルのすぐそばの自転車屋さんでMERIDAのMTBを借り、

チベット人に紛れるべく、かなりの軽装で、ラサの中心から西に数Kmのところにあるデプンゴンパへ。
IMG_0554-1.jpg


デプン寺は、坂を相当上ったところにあり、大きな通りを右に曲がると、

日本のどこにでもある狭くて幾重にも巻かれた傾斜の有る坂が登場。


その坂を何の気なしに登っていると、日本の坂を自転車で上りまくってた頃を思い出して、

やたらと楽しくなってくる。傾斜はどんどん激しくなり、ずっと立ちこぎ。そして全力で坂のてっぺんを

目指してひたすらこぐ。途中、お寺を参詣するためのチベット人が大量に乗ったちんたら走るトラックも

抜いて、気づけば、一緒に来た中国人ははるか後方。


走りながら、ここが標高3,500mの高地である事を思い出したけど空気の薄さなんて一切感じず、そのままデプンゴンパの駐車場到着!!


本当に久々のMTBでの登坂。ラサでこんなに楽しい事出来ると思わなかったな。やっぱ自転車で旅してーや。



その後は、デプンゴンパにチベット人に紛れて入ろうと思ったけど、入ろうとするチベット人がいなかったので、出口からあまりにもあっさり入場。

途中、一緒に来た中国人とははぐれてしまい一人で観光。

山の上に有る上に、チベット最大の寺という事だけあって、寺を回るのは一苦労。

もう本当に疲れて、一つ一つの仏像や画を真剣に拝む余裕がなかった。

数日後というか、8月23日現在では開かれているチベット最大のお祭り ショトン祭で、これまたチベット仏教最大の大タンカ(チベット仏教の宗教画)が公開されるであろう場所。

このでかい石に、仏陀を書いてしまうチベット仏教のセンスは見事。
IMG_2153.jpg

誰も登ってこない岩場から見たデプン寺。
IMG_2199.jpg

途中、チベタンから触らないように注意された緑色の実。これに触ると、肌がすぐに腫れるそうな。
IMG_2220.jpg

彼の指の先には、壁にあいた小さな丸い穴があって、目をつぶってその穴に指を入れられれば、何かあるそうな?僕も試したけど、おおはずれ。
IMG_2227.jpg

こんなお寺が広い敷地にいくつもあります。
IMG_2240.jpg

デプンゴンパは本当に広いし、多くの建造物があり、建物と建物の間を迷路のように歩き回る
この狭い道の雰囲気は、ヨーロッパ(行ったことはないけれど)に似てるんじゃないかと勝手に想像。
IMG_2249.jpg


各寺内部の仏画や仏像は、写真撮影が有料で撮っていないんだけれど、どれも非常に凝った画になっており、ジョカンやセラゴンパにもあったけれど、チベット仏教の奥深さやユーモアさ、芸術的な一面を堪能出来て、疲れてはいたけど、価値ある参詣に。



その後、全力で登ってきた坂を今度は全力で下るとともに、敢えて道を外れてこんな道を走ってみたりして、
IMG_0557-1.jpg

楽しいレンタサイクル&お寺参詣日和となりました。







ところが、その後5人で集まって明日の準備のために買出しに出かけたときには、

かなり刺激的でエキサイティングな頭痛に襲われ、調子に乗って自転車を漕ぎまくった

ツケが来た。


でも、どういうわけかこの頭痛 バファリン飲んで30分立つと、イチコロにどっか飛んで行ってくれます。

普段、全然薬飲まないせいか、効き目抜群。







ネパールボーダー行きツアーの申し込み

2009年08月22日 10:16


セラゴンパ観光後、疲れ果てて宿に戻る手前、旅行会社に何となくツアーを組んだ場合の料金を聞いてみる。

すると、4日間のツアーで5人で行けば、一人1200元強でいけるとのこと。

しかも正規にパーミットを取得して。

なに?

昨日、うさんくさいおっさんに聞いたときは2400元。ほぼ半額。

700元払って、国境まで直行するのと追加で500元払ってチベットを観光出来るなら、

せっかくラサまで来たわけだし、1200元の方が絶対いい。


そういう事で、その見積もりをもらった晩およびよく昼に5人で相談。

実は、20日からラサでチベット最大のお祭り ショトン祭りがあるので、それまで一週間ほど

滞在したいという意見もあったんだけど、僕ともう一人がビザがそれより前に切れるし、

さらにもう一人は22日までに日本に帰らなくちゃならないので、ツアーを組むなら今しかない。


そして翌朝、ツアーの申し込みをすることになりました。


料金の内訳は、ずいぶんと明瞭で、5人で

ランクルチャーター代  4800元
パーミット代   100元/人
ガイド代     250元/日

合計  4800+500+1000 =6300元
5で割ると、一人 1260元。


成都から似たようなツアーを組むと2400元くらいしたので、ノーパーミットでここまで来た甲斐はあったのかな。

ちなみにこれにエベレストB.Cも含めることにしたので、追加で一人300元ほどかかるみたい。

中国人が単純にチベット内を旅行するならランクルのチャーターだけでいいわけだから、
外国人の僕達にとってガイドとパーミットは余計な費用。
それにガイドは英語しかしゃべれないらしく、ちょっと不安。

とにかく、ずっと心配だったネパールまでの道のりをこれで確保。

ラサ滞在、わずかにあと2日。

色拉寺(セラ・ゴンパ)へもチベット人に紛れる

2009年08月21日 10:34


日本人で最初にチベットに入国したという河口慧海が修行したセラゴンパへと朝から向かう。

ラサの北のほうの山のふもとにあり、歩いていける距離では無さそうなので301番のバスに乗車。

終点で降りると、寺までの参道の両脇をお土産屋や小さな飲食店が並んでいる。

そこで一元のフライドポテトを購入し、ぶらさげながら中へ。


入り口に警察官らしき人が経ってたけど、特にお咎めも無く無料での入場成功。

入っていくのが、ほとんどチベット人で観光客も見当たらなかったので、ゆるかったみたい。
IMG_2037.jpg

相変わらずこの寺に関する情報もないので、チベット人達についていくけど、

僕は、標高が高く、上り坂だけあってずいぶんとスローペースで境内を歩くことに。

おそらく本堂に値するであろう建物に入り、左回りに中に入っていくチベタンとは逆行して、右回りで中を見ていくと、お堂の中心のこの仏像目的にチベタンは来ているみたい。
IMG_1958.jpg

ここまで来ると、この仏像のひざの部分に頭を擦り付けて念仏を唱えている様子。

だから、この仏像までは行列なのに、ここから先は皆さん多くの仏像があるけどそれをスルー。

でも、頭を擦り付けている様子をじーっと眺めていると本当に彼らの信心深さが身に染みる。

IMG_1967.jpg

IMG_1968.jpg



お堂を出て色々と歩き回ると、屋上というか上のほうにいける。

そこからはお寺とラサの綺麗な青空がマッチした最高の景色が眺められた。

IMG_1952.jpg

IMG_1954.jpg

IMG_1999.jpg

遠くから眺めるポタラ宮もまた存在感あり。
IMG_2002.jpg

出口に向かって歩いていると、ちょうど12時を過ぎており休憩に向かう多くの僧侶達と合流。

寺の一角で休む僧侶達もまた冗談を言い合って笑っていたり、地元のチベット人と話していたりと、

あんな衣装を身に纏っていようと、ただの人なんだなという事を思い知る。

僕は見ることは出来なかったけど、15時過ぎには僧侶達の問答の時間があるらしく、

チベット語だけれど相当の見物みたいで、今度また来るときは是非拝見したい。


IMG_2009.jpg


この日は、この後バクナショーホテルの旅行会社に赴いて素敵なツアーの見積もりを頂くことに。。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。