最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーグラー到着!!

2009年11月27日 14:02


アウランガバードで宿泊した宿 Hotel ShreeMayaでは、ドミトリーに泊まったんだけど、

3泊した間、誰も来なくてずっと一人きりだった。


そんな快適なアウランガバードを後にして、次に目指したのはニューデリー。

アウランガバードからニューデリーにかけては、観光スポット目白押しかもしれないけど、

これ以上、インドに対するモチベーションが続く気がしなかったので、とにかく北を目指した。

ニューデリーに向かった理由は、もうひとつあって、ビザの取得。

この先、パキスタンかイランを目指す事になるんだろうけど、ビザは持ってなかった。



アウランガバードから電車で15,6時間。

その途中で気付いた事は、今日が金曜日だという事。

金曜日にデリーに着いて、そんなにも素早く宿のチェックインを終えて、大使館巡りが出来るのか、

そして、土日を持て余す事になるのは確実だったので、電車の中で時刻表を見たところ、

デリーにつく3時間ほど前にアーグラーに到着するみたいだったので、そこで下車する事にした。


アーグラーは、ご存知 タージマハールのある町。

16世紀にムガール帝国の都となった場所だ。



早朝にアーグラーに着くと、インドならでわのリキシャー乗りの勧誘合戦が始まる。

それを華麗に無視して、バスを探したんだけれど、安宿があるタージマハール付近まで行くバスは見当たらない。

仕方ないので、プリペイドリキシャーというものを利用して、50ルピーで、アーグラーカント駅からタージマハールまで向かった。


タージマハールのそばでたどり着くと、そこから今度は宿を探してないかという勧誘が始まる。


目星は付けていたけど、とりあえず付いて行く。


付近の宿は、さすがに観光地とだけあって、日本人観光客も多いらしく、いくつかの宿には、日本人が日本語で宿の推薦コメントの

書かれた大きな紙が張られているところもあった。


僕も、結局はそういった宿の一つに決めて、夜行列車内での寝不足を解消するべく、昼間中眠った。





タージマハールの近くに宿泊したはいいものの、その日は金曜日。

知ってはいたけど、金曜日はタージマハールがお墓だというのにお休み。


結局、その日は近くのタージマハールが屋上から見えるというレストランで時間を潰す。


そこからタージマハールのほぼ全景が見渡せ、写真も撮れたために750ルピー(1500円)も払って翌日

タージマハールに入場するべきかしないべきか、悩んだ。
IMG_7512.jpg


インドにおいて、750ルピーという入場料は格段に高くて、これもまた現地人との格差があるらしい。



そこで出会った日本人のたろう君としばしば話し、結局夕食も一緒に取り、彼とは別れた。

彼も、僕と似たようなルートを僕より時間をかけて東アジア、東南アジア、インドと巡っているらしく、

もう日本に帰るんだとか。


この旅で出会った人の多くは、もう日本に戻っていたり、とっくに西の方に抜けていってしまったりしていて、

7ヵ月半の旅の長さを感じる。

4月2日に上海に着いた日の記憶はまだ鮮明だけど、それより前の日本で無為に過ごしていた日々の記憶はもう灰になったみたいに、

思い出しづらい。7ヵ月半、長いのもあるけど、その濃さも今までにないほど濃密だったと思う。



宿の手前に、日本のギャグを何でも知ってるという宝石屋のおじさんに声を掛けられて、

「アイーン」から「そんなの関係ねぇ」まで色々と披露してもらって、最近の新しいのを教えてくれと言われたんだけど、

最近の日本のバラエティなんて知る由もなく、彼に教えてあげる事は出来なかった。








彼の店で、少し宝石を見せてもらう。

ブルースターとかって言うこの石は、インドでしか取れないらしく光が一方向からしか来ない状態なら、

石に十字の星が煌いて、とても綺麗だった。
IMG_7521.jpg




世界遺産 雨のエローラ石窟群  

2009年11月25日 11:20

アウランガバードに着いてからは、ずっと天気が悪くて、夕方には強めの雨なんかが降ったりもした。

アジャンター遺跡を見に行った翌日、もう遺跡はお腹いっぱいだから、北に上がってしまおうかとも思ったけど、ここからわずか40分のところにある事と、アウランガバードの若干の居心地の良さのため、エローラ遺跡も見ることにした。

エローラまでは乗り合いジープ。



前座席4人、後部座席4人、最後部座席4人と、無理やり12人もジープに詰め込まれ、前座席の真ん中に座っていた僕の左足はこの上ないねじれっぷりで、その後観光中ずっと痛かった。

前に4人も座ると、ドライバーもハンドルに対して半分くらいしか場所を取れないわけで、ギアチェンジバーなんて、人の股の間にあったりして、正直その状況は、成立していないとしかいいようがない。

無理しすぎでしょ。





って事で、たどり着いたエローラ遺跡。


アンコールワットやピラミッドと並んで最も印象的な世界遺産(Wikipediaより)
IMG_7507.jpg



アジャンター遺跡とは違って、こちらは仏教窟以外にもヒンドゥー教、シィク教の石窟がある。


歴史の順を追って、作られてて、仏教→ヒンドゥー→ちょこっとシィク となってる。

まず向かったのは、仏教窟。

昨日行ったアジャンター石窟のデジャブなところもあったんだけど、様子は違って、あまりに未完成で、ただだだっ広く、あきらめすぎだろ!って突っ込みたくなる石窟が多かった。
IMG_7357.jpg

今日も、チベット僧達が見学されてる。
IMG_7365.jpg




そして、エローラ石窟最大の見所 第16窟。カイラーサナータ寺院
エローラに関しては、もうこれだけ見ればいいんじゃない?
ってくらいに、みどころ。

ただの岩山から、これだけの規模の寺院を作り出したってのはアジャンターもそうだったけど、凄すぎる。
この規模のでかさと、彫刻の緻密さってのは、どう考えても途方もない時間が掛かってるだろうし、当時の事を想像しても、想像しきれないくらいにやりすぎ。本当に、お疲れ様でした。
IMG_7420.jpg

寺院の内部。これも全部、掘ったんだと。
IMG_7422.jpg

さまざまな彫刻と取り囲む回廊や、コウモリがいる石窟なんかもあったりして、もうなにがなんだか・・・
IMG_7453.jpg

こんな寺院に感動してる間に、強い雨が降ってきて雨宿り。
ガイドブックには、最初にここに来ちゃうと他の石窟の印象が薄れるので注意!みたいなこと書いてある。
でもって、僕も歩きつかれてこれ以上雨の中見る事に対する諦めの心を抱く。
IMG_7465.jpg


結局、第34窟くらいまであるらしいんだけど、歩き疲れたし、雨だしもういいやという事で、
16窟を見た後は、ひとつだけ見て、アウランガバードへ戻る。
IMG_7498.jpg

正直、この種のヒンドゥーの像には飽きてしまった。

華やかで繊細に彫られてはいるんだけど、もう何がなんだか・・・

暇をもてあまし過ぎて、造りすぎなんじゃないかと・・

それでもって新たに作ろうとしすぎて、やり残しすぎなんじゃないかと・・・


これ以上文句言うと、シヴァ神にぼこぼこにされそうなのでやめときます。



少なくとも、仏像や仏塔のほうがシンプルで心が落ち着く気がするな。


世界遺産 アジャンター石窟群をさくっと

2009年11月24日 20:17

紆余曲折があって、ようやく遺跡に入場。

30窟近くもあるので、みどころっぽい所を重点的にさくさくと。


IMG_7116.jpg

第16窟 足を地に着けた仏陀




IMG_7124.jpg
第17窟入り口天井 六道輪廻図 だと。インドでは珍しいんだと





IMG_7135.jpg
アジャンター遺跡みどころのひとつ 第17窟。
周囲の壁面が全部壁画。しかも全て緻密に書かれていて、じっくり見ると、かなり引き込まれる。
ただ、当時はライトなんてなかったから、ろうそくか何か本当に真っ暗な中書いたかと思うと、さらに凄さを感じる。




第17窟の壁画
IMG_7149.jpg


IMG_7193.jpg
掘るだけ掘って、中身何にもない第24窟。





IMG_7196.jpg
一番最後まで掘削が続けられたとか言う第26窟の横の壁。仏様が並んでおります。




IMG_7202.jpg

インド最大の涅槃仏だって。第26窟。バンコクのよりは全然小さいけどね。
全て石から彫られてるってのがミソだね。




IMG_7214.jpg

第26窟、正面より。ライトアップの感じと、内部の数々の繊細な彫刻がミステリアスで、素晴らしい。




IMG_7221.jpg

仏教の石窟だけあって、南インドで亡命修行中のチベット僧。何回とっても目つぶっちゃう。





IMG_7228.jpg
どの窟もこんな仏様がいらっさる。





IMG_7286.jpg
第一窟 アジャンター遺跡の中で最高傑作らしい蓮画手菩薩





IMG_7291.jpg
入り口をはさんで蓮画手菩薩と隣り合わせになってる金剛手菩薩





IMG_7294.jpg

第一窟 全体







と、ほんの少しだけ写真を公開してみたけど、ただの岩の壁にこれだけ多くの仏像や仏塔、そして絵画を作り続ける作業というのは、想像するだけでもうお腹いっぱい。

途方もなく、長い長い地道な作業だったんだろな。

世界一高いビルなんかを建てるよりよっぽど根気の要る大変な作業だと思う。


タダひとつ思うのは、未完成の窟が多すぎる。

多分、その王朝の代で作り切れなかったり、石が硬すぎて先に進めなかったりと、事情はあるんだろうけど、それにしても最後まで作れよーって突っ込みたくなる窟がたくさんあった。






とにもかくにも、行ってよかった。








そして、その帰り石窟から駐車場までは、グリーンバスと呼ばれるシャトルバスで運ばれるわけだけど、頼んでも居ないのに無駄に案内してくれたあのおっさんがバスに乗り込んできた。


まだ僕には気付いていない様子。


そして彼は、石を他の日本人に売りつけている。

「あれ、あいつ物売りじゃないって言ってたのに。」そんな風に思ってる矢先、僕に気付く。



「かねよこせ」

「やだ」

「じゃあ、石返せ」

そして、要らないって言ったのに無理やり渡してきた石を返す。元々邪魔だったし。

「10ルピーよこせ。さっき10ルピーならくれるって言った出ないか」

「やだよ。」

彼は、しつこく言い寄ってきたけど、バスが出発の時刻になり、無念そうな顔をして彼はバスを降りて言った。





そういうわけで、南インドの親切は無条件に受け取れたけど、こっちの親切には下心がほぼ100パーセント隠れてるんだなぁと思いながら、遺跡を後にした。




世界遺産アジャンター石窟群 入場までのあれやこれや

2009年11月22日 14:37



ムンバイから、座席指定の列車に乗ったのに、チケット持ってないインド人と座席の取り合い合戦をしつつ、

辿り着いたのは、アウランガバードという町。


かの有名な?エローラ遺跡、アジャンター遺跡への基点となる町。



マハーバリプラムで遺跡に興味を持ったものの、インドでお見舞いしてくれる遺跡は、

みんなヒンディーの神様の似たような彫刻だったりして、こんなにも連続して拝見致しますと、




いささか飽きというものが生じてくる。



芸術的で大変素晴らしい事は、この芸術オンチの僕にも伝わっては来るんだけど。



エローラとアジャンター、どっちかでいいかな  とか思ったんだけど、後でテレビで「あー、近くまで行ったのに」とか後悔したくないとかいう

不純な動機で、人間の汗と涙の結晶を両方観光しに行った。






朝からローカルバスで3時間かけて辿り着いたのは、世界遺産 アジャンター石窟群。

川を囲んだ断崖に30もの石窟が掘られている。仏教窟で、全て仏様にかかわる絵や彫刻が、石窟内部に潜んでいる。


このアジャンター遺跡。  入場料は 250ルピー。 多分インド人は10ルピー。

とやっぱり高いし、格差全開。





だけど、ムンバイで日本人からチケットの半券をもらうことが出来て、

「これ、使えるかもよ。」という話だったので、相変わらずにせこく行こうと企んでた。


でもって、「正面からじゃなくて、途中の第9窟の入り口からならいけるかもよ」

って話だったから、すぐに入り口に向かわず多くの観光客達とは別のルートを辿る。






そこで、一見人の良さそうなおじさんに話しかけられる。

「石窟を上から見られる場所があるだけども、行かねぇけ? 滝とかもあるしよ。来い、来い。」

多分、ガイドブックにも書いてある場所で、ちょうど行こうとしてたので、このおっさんに不覚にもついて行く。


そして、「すばらしいべ。写真取れ、写真。」って言われるんだけど、天気が悪くて、それほど綺麗でない写真を撮らされ、連れまわされる。
IMG_7067.jpg



恐らくこのおっさんの目的は、十中八九、僕の財布が目的なんだろと思いつつ、

「おっさん、今何やってるだよ?仕事どうしただよ?」と聞いてみる。

すると彼は、「草刈りやってんだが、今のシーズンその必要なくて3ヶ月は仕事ないでよ。んなもんで、親切にもこうして案内してるっぺよ。」

。おらこの近くの村に住んでるだ。息子は大学行ってるべさ。」

そう言われて、この彼のボランティア精神を信じてみる事30分。本来の目的の石窟ではなく、その上の崖を歩き続ける。

その間、彼はクリスタルと呼ばれる石や、紫色の石なども持ってて、

「これやるべよ。遠慮すんな。持ってけ、持ってけ。」とおっしゃる。

「荷物になるから、いらねーだよ。」と断るんだけど、しつこく渡すもんだから一応受け取る。

IMG_7080.jpg

そして、一通り終わったらしく、

「おらの役目はこれで終わりだ。」と言われ、「お、本当にボランティア?」とか思ったのもつかの間、


「おら、今仕事ないでよ、助けてくんねぇか?」と来る。


「よくわかんねぇんだけど、助けるってどういうこっちゃ?」と敢えて聞いてみる。

「それはよ、ようするによ、ギブミーマネーだ。ギブミーマネー。言ってる事わかるか?」とついに本音が出てくる。

「おめぇさん、ガイドじゃないって言ったでないけ。お金は出せないよ。案内ありがとな。」ととりあえず断る。

「んな、殺生な事言わんでよ、いくらかくれねぇけ?」おじさんももちろん食い下がる。





「で、いくら欲しいんだ?」率直に聞いてみる。



「200ルピー。」

・・・高すぎる。というか、そもそもお金をあげる気ないんだけど、ポケットに10ルピーだけあったし、まぁコレくらいならと思って

「10ルピーあげるよ。」と打診。「いやいや、冗談じゃない。分かった、100でいい、100。100だけくれろ。」 10ルピーを受け取らず、まだまだ食い下がる。

そろそろ面倒臭いタイムになってきたので、「ほなさいなら。」と言って立ち去る。すると後ろから

「分かった、50、50。おー行っちゃうんか。分かった、下で待ってるからよ。」 



そうして、この仮面をかぶったおっさんとはおさらば。


折角、第9窟の入り口まで行ったんだけど、このおじさんのせいで再び正面入り口まで戻ってしまい、

仕方ないので、正面で半券を見せてみる。


「なんだ?これ半券か?」 そう言って、彼はなにやら帳簿を調べ始める。


そこには、何と入場券ひとつひとつに振られてるらしい番号が書かれている。

という事で、「はい、コレ無効ね」と一蹴。


ということで、再び第9窟の入り口で見せると、少々の戸惑いを見せながらも何とか無料での入場に成功した。


インドのチェック厳しい。いつも仕事してないくせに、変なところで厳しい。




そんな長い紆余曲折があって、ようやくアジャンター遺跡へと入場。

IMG_7085.jpg

ムンバイの世界遺産 エレファンタ石窟群

2009年11月20日 16:01



インド門からフェリーに揺られる事1時間。

折角だから。

船の乗客は、インド人の観光客がもりだくさん。
IMG_6966.jpg

みなさんリッチな上流階級の方々なんでしょう。

エレファンタ島のフェリー乗り場を降りて、お土産屋が連なる階段を上ると

エレファンタ石窟。入場料は、250ルピー。インド人は10ルピー。

25倍はやりすぎだと思います。

IMG_6972.jpg


全速力で、ヒンドゥーの神様方々の遺跡を見て回る。


こんなでした。



IMG_6977.jpg


IMG_6978.jpg

3つの顔を持つシヴァ神
IMG_6984.jpg

IMG_6989.jpg

IMG_6992.jpg

IMG_6999.jpg

IMG_7008.jpg

IMG_7012.jpg

基本的にはシヴァ神がメイン。


5世紀から8世紀に暇を持て余して、岩山をせっせせっせと彫り続け、ポルトガルさんに大量に壊されちゃったらしいんだけど、

第一窟だけは、かなり綺麗な状態で残ってる石窟群。

お疲れ様でした。



大都会でごじゃいまする(ムンバイ)

2009年11月19日 11:26

ゴアからの夜行バスで得たいのしれない場所でおろされたムンバイ。

さすがインドナンバーワンシティ ムンバイ。。

昨年テロのあったムンバイ。

都市の都市らしい部分が、ずいぶんと広くてバスでムンバイに入ってから長いこと町の景色が見え続けた。


そして、中心部の建物がインドらしくなく、豪奢でヨーロッパ風の建築物がところどころに。

IMG_6925.jpg

全然、今までのインドと違うなぁと思いながら、散歩してたんだけど、そこはインド。

綺麗な都会の裏側には、スラムドッグミリオネア的なスラムなんかが広がってて、そこで

車の往来が激しい大通りを外野に、彼らはクリケットをしている。

無限に広がり続ける格差を目の当たりにしっぱなし。

子供達は無垢で純粋だけど、学校には行ってないんだと。
IMG_0124.jpg



たまたま通りかかって、無料でエアコン効きまくりだったジャハーンギール美術館。


インドの現代美術なんかが、展示されていて、興味深かった。


僕は芸術に関する才能が恐らくほとんどないわけだけど、最近 それでも絵や彫刻をじっくり

見てしまうような方法を編み出した。


それは、自分で勝手に 絵や彫刻にタイトルをつけること。



これにより、その絵を否が応でもじっくり見るようになるし、細かい部分まで見てるとなんだか楽しくなったり、ならなかったり。



豚親父。
IMG_6890.jpg






お決まりのインド門。

IMG_7056.jpg



テロから1年。まだまだ休業中のタージマハールホテル。


IMG_6961.jpg









その夜は、チベット、ネパールで一緒だったはなちゃんと久々に再会。

再会ってのは、やっぱりいいもんですな。

マクドナルドのソフトクリーム 10ルピーも相変わらずいいですな。

IMG_6940.jpg


この靴磨きの少年。写真を撮ってあげた後、磨いてる靴の持ち主に「ありがとう」って言いなさいって怒られてた。そういう価値観がちょっと嬉しい。素敵な笑顔だね。

IMG_6876.jpg




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。