最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陽朔その2 原付に乗ってみた

2009年05月05日 23:33

陽朔の三日目は、120元もの大金を出して50CCの原付を借り、街を離れて陽朔郊外を爆走してみました。

初めは、レンタサイクルにする気満々だったけど、名前に惹かれたシャングリラが15Km離れてて、そこから再び町に戻って違うところに行くとなると、自転車じゃ物足りなそうと言う事で原付を借りたわけです。
IMG_5798.jpg

こっちの観光地の地図は、往々にして日本のように分かりやすくなく、絵で描かれている上に方角もあいまいで、まともに参考にすると命取りになりそうだけど、これ以外の地図を売っている店を昨日見つけていたものの今日行ったら、閉まってるし。。。


そういうわけで、この上なく心細いこのいい加減な地図を持って旅立ったわけです。

それでもって、15km北に向かって辿り着いたのが、シャングリラ(世外桃源)。

どんな桃源郷が待ち受けているのかと、50元も払って入場。

訳も分からず、小船に乗せられ、川を進んでいくと様々なアトラクションが待ち受けてくれてました。

隣に座ってた夫婦が、キャノンのデジカメを持っててバッテリー切れしたため電池を換えたそうなのですが、電池の蓋を開けられなさそうなので、開けてあげました。

次に、彼らは電池を入れようとしてるのですが、向きが分からない様子。親切にも向きを確認して、

電池を入れてあげました。

もうこれで大丈夫だろうと思いきや、蓋の閉め方が分からない様子。

結局、蓋も閉めてあげたわけです。

彼らは、この先このカメラを使っていけるのだろうか、余計な心配をしているところで、

船を降ろされ、陽朔物産展的な木造の建物を20分弱歩いて、

札幌の開拓の村をさらに小さくしたようなアトラクションが所々に現れつつ、

結局、シャングリラは終わってしまいました。
IMG_5571.jpg

割といい写真を取れたけど、物凄い風光明媚な景色を期待してただけで、消化不良で終わってしまいました。
IMG_5574.jpg

元気よく踊ってるけど
IMG_5581.jpg

奥の方はやるきなし
IMG_5582.jpg

シャングリラを出るときに、エンジンのスターターがかからなくなるなどのトラブルもありましたが、なんとか出発出来て、大きな道から地図を見つつ少し細い道を右折。

1Kmも行くと整備されていないダートに突入してしまいました。

車もほとんど走っておらず、所々に古臭いぼろぼろの家が建ってて、


畑をバックに奇山が見えるような美しくのどかな景色が出迎えてくれました。

さらに、スクーターのわずかなサスペンションを頼りにガレた道を突き進んでみると、

途中、釣堀があってみたり、村人1号、2号がたまぁに歩いてみてたりして、

日本の林道なんかよりは、よっぽど利用されてる道なんだなと思い、さらに進みます。

馬がいてみたり,
IMG_5653.jpg


「九馬画山」という看板があって、とりあえずそこに向かおうという事で、

50CCの原付では、まず走らないだろう道を疑心暗鬼になりつつも、

20KMくらい結局走って辿り着いたのは、確かに景色も綺麗なんなだけど、オートキャンプ場みたいなところでした。。

自転車じゃ絶対来れないだろうし、あの山々をバックにキャンプやバーベキューは、本当に羨ましかったな。

「九馬画山」を後にして、陽朔に戻るまでの道のりは璃江下りをしている船をが上から見下ろせるところがあったり、

それこそ桃源郷のようなところがあったりと大変気持ちの良いツーリングでした。
IMG_5642.jpg

途中、かなりの急な坂でガレたところを下っていると、勝手にエンジンが止まって結構焦りました。

あの山の中で、エンジン動かなくなったら、どうしたものかと。


綺麗な景色だろうと彼らは開発の手を緩める様子はなく電線が張り巡らされて、

良い景色なのに電線邪魔で、写真に収められなかったところが多々ありました。

それに船に乗ってると、客も漕手も平気で川にゴミを捨てたりして、人民の振舞いには呆れます。



やっぱり、バスや電車だと自分の意思とは関係なく進んでしまうのに対して、車やバイク、自転車で

進んでこそ旅だなとつくづく感じております。

こっちで、125CCの単車を新車で買うと、15万円だそうです。

DAHONの折りたたみ自転車は10,000円もしませんでした。

中国では難しいけど、どっかでバイクか自転車を入手して、モーターサイクルダイアリーズ 計画中な今日この頃です。
関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/59-ffb4e472
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。