最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

融合

2011年05月26日 23:47

サンクリストバルデラスカサスからわずか20分北に上がったところに

なかなか奇妙な信仰をしている民族がいるってことで、

(ただ近かったからだけなんだけど)

行ってきた。


サンファン・チャムラという村。


到着すると、なにやらピーヒャラドンドンと中心部の教会周りが騒がしく、

行ってみると、民族衣装を着た方々が各々楽器を持ってる人や

ただ草を束ねたものを持ってる人たちが、集団でどこかに向かって歩いていた。


時折、強烈なロケット花火が宙に上げられ、華やか。

なんだけど、写真撮ろうとしたら、


のーーー。


って言って、とめられた。どうやらここの人たちは写真撮影されるのをずいぶんと嫌がる。
DSC_0683.jpg


そして、この教会。入場料を払わなくちゃならないんだけど、ただのカトリックの教会ではない。
DSC_0696.jpg
スペインがこの地域を支配し、キリスト教伝道しまくるわけだけど、
ここの方々は土着信仰を捨てきれずに、それでもスペイン人が強制的に改宗を
強いり、それでも抵抗した結果生まれたと想像される
キリスト教徒と土着信仰が融合した宗教。何教って呼ぶのだか知らないけれど。

教会内部も、世界中にあるありとあらゆる教会とは完全に一線を画しており、

まず椅子がない。皆、床にそのまま座る。

床一面には、松の葉が敷き詰められている。

信者の方々はその干草を少しずつ避けて、開いたスペースにおびただしい数のロウソクをたてまくる。

そして祈りの方法も、なにやらぶつぶつと何かに取り憑かれたように唱え、怪しげに祈っている。

まるでキリスト教とは思えない。


教会内には、信者の人たちが残していったローソクがそのまま火が灯ったまま多数残され、

教会内部は、その奇妙な呪文と数多くのローソクとで、不思議な神々しさを持った空間を作り出していた。

教会内部、ちょっと撮っちゃった。ごめんなさい。


お金払ったら撮らしてくれた.14円。
DSC_0698.jpg

衣装はかなり独特。どこかアイヌっぽい感じも。
DSC_0720_20110522050656.jpg

DSC_0717.jpg

CSC_0778.jpg

十字架もだいぶ雰囲気が異なる。
DSC_0752.jpg

お土産はこの一体共通っぽい。
DSC_0767.jpg

得体の知れないフェスティバルは、なんだか得たいが知れないままなにをするでもなく、
とにかくロケット花火がたまに打ち上げられながら、続いていた。
DSC_0728_20110522053852.jpg



日本だって、もしどこかの列強に侵略されて植民地になったら、

当然キリスト教への改宗を強いられたんだろうけど、

その場合あっさり神道や仏教は捨てたんですかね。


関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/557-e0c7b130
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。