最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グアテマラのゴールデンウィークにグアテマラで宿探しをしてみる

2011年05月18日 15:13

さて、もはやタイトルさえ思い浮かばず、恐らく非日常的で刺激的な事なんだろうけど、

それが僕にとっては、すっかり日常的に当たり前になってしまった、

見知らぬ土地の移動や宿探し、そして町歩き。


いい加減、ひとつの町に住み着きたいという願望は頂点に達しつつあるわけですが、

こんなコバンでそんな事も言っておられず、

僕はコバンから次の町へと歩みを進めるわけです。



もはやコバンがどこなのか、そして次に向かったチキムラという町がどこなのか、

日本からしてみれば、あまりに検討がつかなすぎるかと存じますので、

こちらをご用意させて頂きました。

より大きな地図で guatemala を表示

なんとなくこれでご想像いただければと思います。




いよいよセマナサンタ(イースター)が翌日に迫った4月23日。

僕は、コバンにとどまるでもなく再び移動を始めます。



まずコバンから目指したのは、エルランチョ。

エルランチョに行くはずが、途中で降ろされちゃって、一度乗り換えてようやくエルランチョ。

そして、エルランチョから無事チキムラへ辿り着いたわけだけど、

到着した瞬間あいにくの雨。

そして、セマナサンタ前日ということもあり、町中の店が閉まりまくり。


僕は宿を探さなくてはならないんだけれど、この冷たい雨と人通りの少ない道の中、

ちょっとした不安を抱えつつ、歩き始めた。



とりあえずめぼしを付けていた宿に行くと、シャッターが閉まっていて、

「今日は部屋ないよ」とのこと。

まぁ、祝日だから仕方ないか、と思い、次の宿へ、

「今日はやってないよ」とのこと。

365日営業してるのが当たり前のはずの宿が

やってないなんて状況を僕は初めて体験し、ちょっとこの流れはやばいななんて、

久しぶりにあせりつつも、そのスタッフに

「じゃあ、どこならやってんのよ」と聞いて、指示された場所へと向かう。

そっちに向かってって、たまたま家から出てきた人に、

「こっちに宿あんの?」って聞いたら、

「こっち側には宿なんてねぇよ」との返答。

そして、彼に教えてもらった場所に向かって方向転換し、歩き始める。

すると、町の中心みたいなとこにたどり着き、街角に突っ立っていた暇そうなおじさんに

宿の場所を尋ねる。

そこから少しも歩かないとこにあるよ。とのことで、

行ってみたら、その宿のドアも固く閉ざされていて、

がんがんとドアを叩いてみても、音沙汰がなくあきらめる。


さらに、そこの向かえが宿っぽかったから行って見たら、

その宿の隣のアイスクリーム屋さん曰く、

「今日はやってないよ」との回答再び。



やれやれ。



4軒も回って、見つからない状況なんてのは久しぶりだ。



チキムラで何かをしたいというわけでもないので、

そのまま移動してしまう事も考えたけど、このとき既に暗くなり始めていて、

このまま移動したところで向かうべき場所の検討がつかなかったので、

もう少し宿探しをすることに。





と思って、ちょっと歩いたら、すぐに見つかっちゃって、

しかも30Q(300円)とだいぶお買い得。


ただ、町がだいぶひっそりとしてしまって、飯を食うところも見つからず、

その日は仕方なくフライドチキンとポテトを貪り食うことに。

なんか主食が無いってのは、どうにも満たされない。




そうして、翌日はセマナサンタ。

町中が、号砲と共に皆が騒ぎ始めるかと思いきや、いたって普通。
DSC_0027.jpg
とりあえず昨日までひっそりと死にかけていた町が、キリストの復活と共に復活をしたような感じはした。


折角、セマナサンタなのに何も無いのはなんだかなぁ、と思ってとりあえず教会に行って見たら、

人がびっしり。

おごそかにミサが執り行われておりました。
DSC_0041.jpg


CSC_0050.jpg




ただ、スペイン語のミサは残念ながらほとんど聞き取れず、その宗教的な有り難味も何も

分かったものじゃないので、早々に退散。



違う言語だから分からんとか思ったけど、思えば日本のお経って日本語で喋ってるはずなのに分からんよね。


日本人の宗教離れの一端にお経の難解さにあるんじゃないかと思ったりする次第です。

だって、お経の内容って実は生きるべき指針というか世の中の真理というか、

仏教の人生観みたいなものが淡々と述べられてるはずなのに、

実際に聞くと、もはや意味がどうこうとか関係なく、右から左へ~だもんね。

おかげで日本人のそういう儀式はもう本当に形だけになってしまって、

中身を理解してる人間はごくわずかになってるというのは、残念な話。




合掌。





キリストが復活した大事な日だというのに、僕はその日、国境越えを試みます。
関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/542-16f6a61b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。