最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これ緊急事態?

2011年05月14日 11:45

キューバでの11日間の旅が終わりを迎えた。

長い旅の中でも、こうして同じ空港間での離発着は、

旅の中の旅の始まりや終わりを感じさせてくれる。

たとえカンクンに故郷とか帰るべき場所という気持ちを抱いてなくても、

知ってる場所に戻れるというのは、やはりほっとする。




そして、誰もがまさか帰り道に事故にあうなんて事、

頭の片隅で想定はしてるかもしれないけれど、

誰も望んでない。





来るときと同じ種類の機体だった。


機内の表記もロシア語が目立ち、毎度乗る乗客を惑わせる。

それに窓側の足元からは、フライト中ずっと冷機が大人しく乗客の足元を冷やし続け、

この機体は、毎フライトで乗客を脅かし続けているらしい。



そして、この事態。



タイトルに炎上なんてまどろっこしい言葉を入れてしまったけれど、実はこの機体、
これがあたりまえ。

着陸の15分ぐらい前になって、うわさに聞いていた煙が足元からもくもくと立ちこめた。

こげた匂いがするわけでもないので、エンジンの異常とか何かが燃えているわけではないのは

明らかで、なんとなく冷たいので気圧差から生じる何かなのかなと思うけど、

理科の不得意な僕にとっては、いまいちわからないまま。



そして、実際着陸前には機体はだいぶ不安定な飛び方をしていて、久々に飛行機に乗っていて、

命の危険を感じたフライトとなった。

飛行機は落ちないという絶対的な信頼を僕は頂いているけど、

何しろクバーナエアーは世界で2番目に危険な航空会社という

不名誉な統計すらある。


そんな事前情報を知ってるだけに、余計に心配になる。



とはいえ、今こうしてこの事態について書いているということは、

僕が無事カンクンに降り立ったということになりますね。


めでたしめでたし。

関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/536-0416ee7f
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。