最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルネスト・チェ・ゲバラの町

2011年05月09日 11:25

エルネスト・チェ・ゲバラゆかりの町サンタクララ
DSC_2834.jpg



彼はいまここに眠っている。

彼はボリビアでの革命闘争中にボリビア農民の裏切りによって捕らえられ、

志半ばのまま最期の時を迎え、

それから30年後の1997年ようやく遺体がボリビア-キューバの合同捜索隊によって

発見されて、ここキューバのサンタクララの霊廟に埋葬された。



なんで、サンタクララかというと、キューバ革命のときに

ゲバラ率いる7月26日運動の革命軍の第2軍が、当時キューバ第二の都市だった

サンタクララを制圧して、それをきっかけにして、

当時の独裁者のバティスタがどっかに亡命しちゃって、

そのままゲバラおよびシエンフエゴスはハバナに進軍し、

キューバ革命はついに大器を成すわけですね。



そういうことで、ゲバラとサンタクララといのは深い関係にあるわけです。



キューバ滞在中に「チェ 28歳の革命/39歳別れの手紙」の映画をしっかりと見まして、

なんとなくゲバラについては詳しくなったつもり。



バスターミナルに到着して、一歩外に出ようとするとここでもまた強烈な客引きが

群がってくる。今回は宿じゃなくて、タクシーの客引き。

でも、それは高いので馬車に乗る。
DSC_2844.jpg

この町では、もちろんバスも走ってるけど馬車も現役で重要な交通機関。

しかも、料金は10円に満たない。

車に比べると、やっぱ遅い。でもこんなのんびりしたところもまたキューバ。



翌日サンタクララ観光。

観光つっても、見るものはゲバラおよびキューバ革命のものだけ。

まずやってきたのは、列車記念館みたいなとこ。
DSC_2847.jpg
ここはキューバ革命で、バティスタ政権の兵士たちが運ばれてくる列車を爆破して、

そのまま革命軍と政府軍での戦闘が始まったとこ。

列車での戦闘の際に、革命軍10数名を指揮したのはわずか17歳だかの少年なんだとか。

そして、今かれはキューバ政府で軍関連だか忘れたけど重要な役職に就いてるんだとか。


サンタクララにいくつかある、ゲバラの像。なんかあんまかっこよくない。
DSC_2855_20110507055526.jpg
そして、この像は体の色んなところから色んな小人がちらっと見え隠れ。

ご訪問の際には、是非。



キューバの小学校の教室。
DSC_2863.jpg


ハバナとサンティアゴ・デ・クーバを結ぶ線路。翌日、僕はこれでハバナへとかえります
DSC_2870.jpg






そして、やってきましたゲバラの霊廟
DSC_2886.jpg
ここにもチェ・ゲバラの言葉「Hasta La Victoria Siempre」勝利まで永遠に!

僕が生まれる前に死んでしまった彼だけど、しっかりとお墓参りさせて頂いた。




あなたの意志は、僕が受け継ぎます。って。



そしてその隣には、ゲバラがキューバを出る際にカストロに贈ったという手紙の全文
DSC_2889.jpg
スペイン語よめまへん。


というサンタクララ。ゲバラ関連グッズが無かったら、本当に対して見所の無い町で、
ほとんどの観光客は日帰りでゲバラ廟だけ見て、次の目的地に移動するらしく、
町はツーリスティックな感じがほとんどしない。

なので、外国人用通貨CUC(チャビート或いはセーウーセ)ではなくて、

国民用通貨CUP(ペソクバーノ)が使える。

この差が結構大きくて、CUC表記の店だと、大体ピザも1ドル2ドルはするんだけど、

CUPなら20円、30円ぐらいで食べられる。

似たようなフライドチキンとライスの定食でも2倍から3倍の違いはする。

まったく、わけがわからんぜよ。
IMG_1121.jpg




町の真ん中の、水のもれる長靴を持つ少年の像をじっと眺める女の子。
DSC_2842.jpg





ってなわけで、サンタクララもあっという間に終わり。


この奥のでかい建物はホテルなんだけど、「チェ 28歳の革命」でサンタクララの戦闘のシーンでしっかりと出てくるよ。
DSC_2894_20110507060534.jpg
これすなわち、サンタクララの町はもう50年もほとんど何も変わってないってこと。

地震がないっていいですね。




泊まったカサでばりばり現役で働いていたスーパーファミコン。もちろん野球ゲーム。
IMG_1122.jpg
関連記事



コメント

  1. Venceremos | URL | -

    はじめまして

    ゲバラの霊廟にカストロ宛の手紙の全文が記されていたのは知りませんでした。
    僕も行ってみたいと思わされる、旅のレポート、ありがとうございます。

    もし興味があれば、以前その手紙の前文をブログに掲載したので参考にしてください。
    http://hastasiempre.blog104.fc2.com/blog-entry-57.html

  2. sho | URL | -

    Re: はじめまして

    早速ブログ拝見しました。

    ゲバラ語録の翻訳がたくさん乗ってて参考になりますね。

    それだけ色々知ってからキューバに行くと、

    いっそうキューバが楽しくなりそうですね。

    是非是非一度訪問されて下さい。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/531-8f3d33a5
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。