最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

革命戦争をもって反革命戦争に反対して、なんちゃらかんちゃら

2011年05月05日 10:07



いざ!社会主義国家キューバへ



キューバに行く理由=社会主義だから。



やっぱり2011年にもなって、社会主義のシステムがそのまま存続してる国って結構レア。

世界で2番目に危険な航空会社クバーナエアーに乗って。
DSC_2330_20110505112123.jpg



さらば、カンクン。きれいだね、カリブ海。
DSC_2340.jpg


ということで、大して遅れる事も無くキューバの首都ハバナに到着。



空港から何を思ったか、とりあえず歩いたわけだけど、


まぁ、のどか


ざ・のどか。



首都の空港だっていうのに、空港を出て歩き始めたらすぐにもう広い芝生で、

キューバ人たちが思い思いに走ったり、寝転がったり、体操してみたりしてる。


そして、まさに社会主義っぽく、計画経済っぽく、広い道路と広い建物。


さらにキャッチボールをするキューバ人達。


しかし、グローブしてない。


やっぱ貧しいのかな。




なにしろ、コーヒー1杯4円。ジュース8円。単位は1CUP。1ペソクバーノ。 25分の1ドル。
DSC_2397.jpg

そして、野良犬が多い。
DSC_2415.jpg


そして、この人いい感じ。
DSC_2423.jpg

そして、廃墟なんだか現役なんだか
DSC_2430.jpg


左から、ラウル・カストロ、フィデル・カストロ、エルネスト・チェ・ゲバラ
DSC_2438.jpg



ある宿。この建物の壁の真ん中にあるHを倒したマークが宿やってますよ、って意味。
DSC_2489.jpg



やっぱりキューバは噂どおりモノがなかった。

もちろん生活必需品とかはある。

でも、大きなスーパーみたいなのはほとんど無いし、

陳列されてる物がどうも貧弱で、大量には置かれてない。


この大量消費時代には、ずいぶんと珍しい光景だ。



そういうことで、キューバ。

ちょっと雑な記事が続きそうです。

















関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/527-b7ce0fc5
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。