最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だめだめベネズエラ

2011年04月23日 02:46

エンジェルフォールツアー3日目。


この日は帰るだけ。


帰るだけのはずなのに、帰れなかった。


なぜか僕にハンモックにかける毛布が支給されず、


微妙に寒くて眠れない夜。



15人以上を搭載したぼろいボートは、何台ものボートに抜かれ、

さらには、僕が座るすぐ横から浸水が続く。



仕方なく、もらった救命胴衣をクッション代わりに敷いて、

浸水を防ぐ。

そして、そのうち救命胴衣は水がしみこみまくり、

もはや着るに耐えないほど水浸し。



やれやれ。



とにかくそんなこんなでカナイマの空港があるロッジに戻ってきた。



その時点で、帰りの飛行機のことについてはほとんど知らされない。



考えてみれば、ツアー中もガイドは一切解説とか無かったな。



ただ、見れば分かるでしょ。的な。



正直、ガイドのクォリティが低すぎる。



こっちから聞かないと、ほとんど何も情報が得られない。



とりあえず、ロッジで待ってたけど、一切情報が来ないものだから、



「私たちの飛行機、いつなのよ?」とガイドに尋ねると、


すかさず、「今から空港に行く、着いてきて。」と言われ、


早急に準備を済ませて、空港まで歩いていく。



そして、ガイドは「あと20分で飛行機は来る。」とか言う。



そして待つこと40分。何も変化なし。


1時間半経過して、ほかのツアーのメンバー達がシウダーボリバル以外の場所へ向けて、

続々と帰っていく。




ガイドに尋ねる。「おいおい、どうなってんの?」



そして、確認してもらうと、



「お前達は帰りの飛行機代を払ったのか?」と聞いてくる。


「もちろん、払った。ツアー代に全部含まれてるはずだ。来るときに渡したバウチャーに書いてあるでしょ」


「それが確認できない。支払いが完了してないんだ。」




え?




いやいや。




したら、帰れないじゃないじゃないですか。




陸の孤島カナイマにこのまま取り残されてしまうなんて、


ちょっとロマンを感じるけど、今のところそんなロマンお呼びでない。



そろそろ、さっさと日本に帰りたいのだ。


ガイドは、旅行会社に直接連絡してくれと言い、

僕らはシウダーボリバルの旅行会社、その名も「Salg Angel」に連絡する。


するとそこのスタッフは、「おかしいな。確認してみる」とのこと。



その間にシウダーボリバルへと飛ぶ正規のフライトは飛んでいってしまった。



さらには、もうほかにその日に飛ぶフライトはほとんど無い状況で、

掘っ立て小屋のような空港は、わずかにスタッフしかいなくなる。




シウダーボリバルのツアー会社からは、多分15時ぐらいに飛行機が来る。

でも遅れていて、17時ぐらいになるかもしれないとのこと。


しかし、空港のスタッフは「もう今日は飛行機はないよ」とのこと。



もう何も信じられない。



そして、結局その日シウダーボリバルへと飛ぶことは出来ず、

どういうわけかカナイマでもう一泊する羽目になった。

もう一泊の宿泊代はもちろんタダだけど、食事がついてない。


ツアー会社に連絡して、一人100ボリーバル(1200円)分、好きなものかって食っていいことにしてもらう。


しかし、その日は日曜日。そしてすでに夜。


この町にまともに食うものが見当たらない。



仕方なく、その日の晩餐はウエハースとポテトチップス祭り。



なんとも満たされん。




そして、翌朝。



13時のフライトだって言われてたのに、9時ぐらいに起こされて、


「おい!おまえたちの飛行機が空港で待ってるぞ。早く行け」


とのこと。


いやいや。聞いてないから。


しまいには、ほかの人いわく

「飛行機は君達を1時間待ったけど、もう飛んでしまったよ」とか


言ってることが、人によって全然違う。




ここはインドか?




とにかくそれで空港へ向かうと、僕ら(日本人4名)だけのためにセスナ機が待ち受けていて、


全員がそろうと、すぐにそれに乗り込み、慌ただしくもシウダーボリバルへと戻った。
DSC_1651.jpg


セスナ機からの眺めは、来るときに乗った小型飛行機より低空飛行だったせいか、
DSC_1657.jpg

ギアナ高地を満喫できましたので、ま、よしとしよーか。
DSC_1658.jpg



テーブルマウンテンだらけ。
DSC_1662_20110419031116.jpg

関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/519-22cf761d
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。