最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

店閉まりまくりまくりまくり攻撃@キト

2011年04月07日 08:23



南米のカルナバルが鋭意継続続行中のキト。


カルナバル(カーニバル)いっても、ボリビアのオルーロあたりでは、毎日のように壮絶な水かけ祭りが

繰り広げられているらしいんだけど、こっちじゃ地味ーに泡かけがごく一部の人々の間で

行われてるだけで、基本ただの祝日と化している。
DSC_0966.jpg

日本のようにストイックに休みの日でも稼いでやろうという方々はこの国には

極端に少ないもんで、

首都のはずのキトは、連日ゴーストタウン。

土曜、日曜じゃ収まらずそのゴーストタウンっぷりは、

月曜日、火曜日まで侵食。


キトで、赤道見に行った以外はアリバイ的にこうやって、

旧市街を見に行っただけ。これは多分、大統領府。
DSC_0962.jpg

街角。
quito3.jpg

サンフランシスコ教会。南米にどんだけあるのよサンフランシスコ教会。字余り。
quito2.jpg

独立広場。1830年8月の独立を記念した碑。
DSC_0971.jpg





キトの町を見下ろせるでっかい教会とかあったらしいんですけど、

僕、キトでひとりぼっちだったんです。

キトだけじゃなくて、リマ以降ずっとひとりぼっちだったんだけどね。


ゴーストタウンで、ひとりぼっちで孤独だと、テンション駄々下がりなんですね。

テンション下がったまま、カジノとか行っちゃって、なんかあっさり50ドルぐらい負けちゃったし、

世界遺産のはずのキトの店が閉まりすぎてる事実は、

正直、僕にとってキトのイメージを駄々下げする要因となってしまいましたね。



治安のいいはずの新市街だって、夜歩いてたら、

わらわらと感じ悪い野郎どもが現れてきて、

「ちーの」攻撃受けたり、

完全にドラッグで行かれちゃった感じの人から、

ウルトラスローなパンチモーションで殴られかけたりと、


この町、油断すると撃たれます。

店が閉まりまくってるせいで、首都のはずのキトは余計に陰湿で、

不穏な空気をたっぷり感じたわけですね。


カルナバルが完全終了した水曜日に僕はキトを出た。

出る前に評判の良かった玉面館(Manuela Canizales駅降りてすぐ)の餃子を食べた。
IMG_1001.jpg
写真じゃ、ただの餃子かもしれないけど、実際この餃子、ただの餃子をはるかに凌駕しております。

これがキト一番の思い出かな。




関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/507-d99aeee9
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。