最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロが六個並ぶ場所

2011年04月06日 15:18

カルナバルのせいで、どいつもこいつも休みっぱなしのクエンカを出発して、

次に目指したのはエクアドルの首都キト。



このキト。僕の旅仲間が拳銃強盗にあって、病院送りにあってたりする


結構怖い町。



そりゃびびります。



なのに、もう深夜といって過言ではない22時過ぎに僕が乗ったバスは


空気も読まずにキトに到着してしまった。



ここで考えられるう選択肢は3つ


①明日の朝までバスターミナル待機。

②夜のキトで思い切って、宿探し

③一泊の宿代と夜行バス代が同じぐらいだから、無駄に夜行バスに乗ってみる




まず、考えたのはバスターミナル待機。でもあいにく寝られそうな場所もないし、寝たくもない。


そして、次の選択し夜行バス使って寝る。

ところが、エクアドルのバスって無駄に各駅停車しまくる。

4時間往復ぐらいの場所探したけど、あんまいいとこ無くて

結局却下。



ってことで、色々悩んだ結果深夜のキトへと繰り出すことにした。


あんまり宿候補なかったんだけど、

とりあえず治安のよさげなキトのマリスカル地区へ行くことにした。



そこに辿り着くまでの交通機関はエコビアとかいう

専用道路が町中に引かれた路線バス。


そこで、Manuela Canizales駅で下車。


誰もいねぇ。真っ暗。



やれやれ。



まじ、こええ。




でも、バス停降りてすぐにみつかりまして、ほっとしましたです。




ということで、0が6つ並ぶ場所は赤道。

キトから行くのはやや面倒くさいけど、当然のごとく観光地化されていて、

こんな巨大な記念碑まで建ってるものの、
DSC_0955.jpg
残念な事に、この記念碑の下に赤道は通っておらず、

さらにそこから北へいくと、本物の赤道が走ってるミュージアムが見つかる。


町行く人に「オリジナルの赤道はどこ?」って聞いたら、教えてくれる。

これが入り口。実際結構わかりづらい。
DSC_0953.jpg


ミュージアムってことで、勝手に入場料取られるんだけど、

英語のガイド付きで色々説明してくれるんで、結構楽しい。


まずは赤道うんぬんの前に、エクアドル在住の少数民族の説明がある。

なんか頭を切って、ミイラにしちゃう風習があるらしい。

結構えぐい。
DSC_0932.jpg

0度0分0秒の場所。地球のど真ん中を貫いてる場所。
DSC_0950.jpg


赤道を陸路で通るのは、このたび2度目。

飛行機でも2回通ってるから、4度目。

5ヶ月ぶりの北半球。

再び日本と同じ周期で四季がやってくるはずの場所にやってきた。



もう陸路で赤道を越えることなんて、この先あるんかな。



この赤道、なかなか物理的に面白い場所で、

詳しいことはグーグルが教えてくれるんだけど、

簡潔に言うと、




卵が立つ。僕が立てた卵。ガイドより上手に立ててやったぜ。
DSC_0948.jpg



ということで、赤道。なんとなく満足だぜ。

DSC_0927_20110403144135.jpg











関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/505-485a0f6b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。