最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀を本気で応援したくなるカルナバル

2011年04月04日 19:36

クエンカに到着した翌日は、カルナバル。


朝からやけに静かだと思いきや、ほぼありとあらゆる商店が閉店。


そして水かけ祭りなるものが南米で無差別に繰り広げられるらしく、


本場のボリビアのオルーロではよっぽど大変な事になってたみたいだけど、


ここクエンカでもしれーっとほとんど子供たちと、一部の大人たちが


水かけに興じている。



道を歩いていて、急に水浸しの地域を見つけた場合、周りと見渡すと、こうして建物の屋上から
子供たちが水風船で攻撃待機をしてる証拠。
IMG_0953.jpg

幸いにも攻撃対象が、知人とか子供とかなんであまり被害にはあわなかったけど、

ちっちゃな子供とかがしれーっと、水鉄砲をかけてきたりもしたりする。

町の中心では、カルナバルが。ついでに水かけというか泡かけもやってて、
踊ってる人達かけられまくりまくり。
IMG_0967.jpg


でも、飽きちゃって、この有様。カルナバルよりドラえもん。
IMG_0978.jpg




クエンカに着いた初日に、パナマハット屋さんを見つけて、


パナマハットの軽量さにえらく感動したんだけど、翌日以降店みんな閉まっちゃって、


買えずじまい。困ったもんだ。




だから結局、クエンカ出発してキトに向かったのですが、


クエンカの宿で飼われていた亀がひっくり返ってた。
IMG_0987.jpg


なんか愛着わくでしょ。



ぶいぶい言わせながら、彼は起き上がろうと必死で努力。



それでも全然起き上がれる気配が無くて、



何度助けようと思ったことか。



宿のチェックアウと時に、おつりが一向に来ないから、



ずっと彼の努力の様子を眺めてた。



もう無理かなって何度思っただろうか、



やっぱお前には無理だよ。って。



でもこいつはあきらめないんですね。



希望を捨てないんですよ。



1ミリも捨ててないんですよ。



彼の中には、恐らく不可能なんて言葉は存在してなかったんでしょうね。



何気に5分以上ずっと彼は甲羅をぐらぐらと揺らせて、



何度も何度もずっとずっと再び地に足を着く事だけを考えて、



必死で努力してたわけですね。



そして、彼はついにやりました。
IMG_0988_20110403012903.jpg
ドヤ顔してますね。




ショーシャンクの空で、モーガンフリーマンのいった言葉を思い出しました。


「希望はいいものだ。多分、最高にいいものだ。
良いものは決してなくならない。」


Hope is a good thing, maybe the best of things, and no good thing ever dies.




関連記事



コメント

  1. yuriko | URL | b1tVMsqw

    ショーシャンクの空、、あれはいい映画だったね。
    そのセリフめっちゃ印象に残ってる。
    カメを見習わなきゃ。

  2. sho | URL | -

    Re: タイトルなし

    コメントありがと。

    亀を見習って。

    諦めたら、そこで終わり。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/504-7c94a77e
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。