最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知らない少年についてっちゃいけません。

2011年03月30日 08:04

トルヒーヨからバスで1日の大半をほとんど費やして、


カハマルカへ。


カハマルカはまだペルー。


そして、標高2750メートル。富士山でいうと7合目ぐらい。



富士山でいわなくてもいいけど。



インカ帝国13代目にして最後の皇帝アタワルパが幽閉された町カハマルカ。




15世紀スペインの征服者ピサロは、アタワルパに対して


キリスト教改宗を要求し、それを拒否したことによって宣戦布告とみなして、


結果的に、インカ帝国はあっさりと支配されちゃったんだとか。キリストの名において。


アタワルパは、スペインの神父に聖書を渡されたけれど、彼はそれが読めず、

もちろん本だから喋ることも出来ずに、「これ喋られへんで。」言って

聖書を投げちゃったんだとか。



結局、それを口実に神への冒涜じゃ。いうことになって、あれよあれよとアタワルパは、

スペイン人にひどいいじめに合うことに。




恐るべしキリスト。



神の名においては、何をしてもいいって事ですね。


そんな事件が繰り広げられたカハマルカ。





バスターミナルに到着する。




宿情報がいっさいなし。


ペルーだし、元々宿代安いから何とかなるだろと思って、客引きを探す。



が、意外と見つからず。






そして、唯一声を掛けてくれたのが一人の少年。




宿の値段を聞くと、「15ソル!(450円)」との事。


安さに引かれて、着いていく事に。


僕が持ってる地図を見ると、バスターミナル自体が町の中心の外で、バスターミナルがかかれてない。



ただ、彼が僕をいざなおうとしている宿は町の中心だ。



その少年は有無を言わさず歩き始める。



バスターミナルを少し離れると、町の中心に続く長い長い大通りが見えて、


「あそこまで行くの?」と聞くと、「そうだよ」と答える。


「どれぐらい?」と聞くと「10分だ」との事。



まぁ、まぁ、とりあえず歩く。


荷物を全て背負って、標高2750メートルのこの町を。



ところが町の中心に全然辿り着かない。


酸素も薄い。


少年に「一体僕らはどこに行くんだ?」と何度もたずねる。


「だから、あっちだよ。中心までもうすぐ」



正直、しんどい。



で、ようやく大きな教会のそびえるセントラル到着。



して、その辺で車でも乗るかと思いきやまだ歩く。



「おいおいおいおい。もう30分は歩いてるけど、まだ歩くんかい。」


少年は、僕のバックパックの重さなんて意に介さず、やっぱり歩く。



歩いている最中に、数多くの宿を目にする。


正直なところ、他の宿でも全然構わないからそっちに行ってしまおうかと思う。



何しろ色々としんどい。酸素も薄いし、荷物も重いし。





僕は途中でバックパックを降ろして、少年に

「ちょっともう疲れたから、代わりにバックパックを持ってくれ」と頼むけど、

僕のスペイン語を理解してもらえず、もう強硬手段で彼に無理やり荷物を持たせようと試みる。



ところが、その少年は僕のバックパックを持ちきれず、


「こんなん無理。」とのこと。





「ね、無理でしょ。こんなの持たされて、どれだけ歩かされてるか分かる?もうお願いだからさっさと着いて」
と僕は彼に懇願。


その少年は、別に気も利かせずにそのまま歩くことさらに5分。



ようやく宿到着。



かと思いきや、15ソルの部屋満室!!20ならあるんだとか。




「いやいやいやいやいやいや。


お兄さん、どんだけ歩かされたと思ってるの。めっちゃ重いんですよ、これ。


なんとかしてよ。



と駄々こねる。


「でも、ない」とのこと。



「この少年あるって言って、ここまで歩かされたんだぞ。なんとかしろ、こら。


だったら、違うホテルまでのタクシー代だぜ、こら。


といって、引き続き駄々こねる。」



で、なんとか3ベッドルームを15ソルでゲット。




バスターミナルに到着してから、結局1時間半。



ようやく僕は、カハマルカで宿を手にしたのでした。















関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/499-978aca3e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。