最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震でも無事だったクスコの石組みなんだけど、

2011年03月24日 05:47

なんだかとてもとてもむかしむかしの話になってしまいましたが、


15世紀まで南米に君臨していたインカ帝国の首都のクスコのはなし。



環太平洋地震帯に位置するペルーにも、地球、そして自然が猛威を振るったのは


1650年と1950年。


当時、スペインの植民地と化していたこの街にあった、スペインの建築物は、

地震のせいで、ボロボロと崩れてしまったらしいけど、

インカ帝国時代の建造物は、残ったそうな。

正直なところ、ここを歩いていたところでもし何も知らなかったら、かなりの高確率でそのまま歩き過ぎ去ってしまいそうだったただの石の壁。

よくよく見て、数えてみるとそこには12角があって、通称:12角の石。
DSC_0629.jpg

どうしてこんなにも凹凸の多い石をわざわざ壁に使ったのか知らないけれども、

これはもはやクスコの一大観光名所として、多くの観光客をひきつけてやまない。

場所:Hatunrumiyoc通り(アルマス広場からカテドラルの右手のTriunfo通りをひたすら突き進んでく)



そして、ついでに14角の石。
DSC_0621.jpg

12角の石の割とすぐ近く。

正直、これを見たときのがっかり感ったりゃありゃしない。

確かにこんな石をわざわざ石壁に使用するって言う技術は、当時からしてみたら驚くべきものなのかもしれないけれど、実際問題見ただけで、その凄さがなかなか伝わらない。




感動が伝わらないので、市場へ。市場の屋台の料金表。
ペルーでよくよく食べられる肉と野菜炒めもの ロモサルタードが7.5ソル(230円ぐらい)
正直これなら吉野家に行きたいところ。
DSC_0609.jpg


トマト。とめぃとぉ。
DSC_0616.jpg


市場で売られる牛 ドナドナ。
DSC_0617_20110324052257.jpg

インディヘナのおばちゃん、雨のクスコをゆく。ちぃさんぽ。
DSC_0637.jpg


今日も雑でごめんなさい。
CUSCO2.jpg
関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/495-f4c13052
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。