最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の職場が仙台だったので、

2011年03月12日 08:49

まだ、以前の職場の方々にも連絡は取れないし、

彼らの実家が東側の海岸の方の人も何人かいたので、とても心配です。


僕に関係あるとか無いとか関係なく、一人でも多くの方々が救助され、

早く日常生活に戻れるよう祈るばかりです。




海外にいると、日本のニュースに大してあまりリアリティを感じなくなってくるのですが、

こうして実際に住んでいた場所が、大規模の災害にあい、その情報を映像や文章で知ってしまうと、

もう居た堪れなくて仕方がありません。



名取や亘理なんかは、ほぼ毎週2,3回は社用車でお客さんのとこに向かって走っていた場所です。

多分津波のせいでえらいことになってるんだろうけど、交通量の少ない県道38号線を裏道としていつもいつも走ってました。




日曜の午後には、仙台空港に飛行機が着陸する様子を眺めに行ったり、誰もいない冬の若林の荒浜でのんびりと、

これから始まる怒涛の一週間に対して、心を落ち着けたりもしました。


とにかく今回被害にあった多くの場所が僕にとって思い出のある場所で、

あの一体が全部深刻な事になってる事を思うと、本当に気が気ではありません。







もし僕がまだ仙台で働いていたら、今頃恐らく避難所で寒さに震えつつ、

いろんな人に心配かけてた事かと想像します。



3月の仙台はまだまだ寒いはず。





日本の地震に対するありとあらゆる対策を持って、

被害を最小限にとどめて欲しいものです。










関連記事



コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. sho | URL | -

    Re: タイトルなし

    >めぐさん

    PC宛にメールは左のサイドバーからメッセージ送ってくれれば、僕のメールアドレスに届くよ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/492-3a617f76
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。