最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷河に押しつぶされる恐怖症

2010年11月25日 19:26

とことん氷河の上を歩き倒して、自前のお昼ご飯を食べて、


だらだらと氷河のそばで過ごすと迎えのフェリーがやってくる。

アディオス、ペリトモレノ
DSC_2124.jpg


と思いきや、またバスに乗って再び展望台へ。



ペリトモレノさんと正面からご対面。
DSC_2163.jpg


あなおそろしです。この迫力。


ゴジラとかのレベルじゃないですね。しれーっと巨大な音たてて崩落中。
DSC_2152.jpg


ゴジラだって、氷河の前ではひとたまりもないんじゃないかって迫力。


多分、ボキャブラリー不足中の日本人の多くがこの氷河を前にして
「すげー」って言ってしまうんだと思います。
DSC_2161.jpg
なにしろ僕も言ってしまいましたしね。


でも、この氷河に関しては「息を呑むような」だとか「想像を絶する」だとか、
「圧倒される」だとか、まぁなんか面倒くさい事考える必要なく、このペリトモレノさんは凄いです。

眼前にどんどんと迫ってくる恐怖さえ感じるペリトモレノ。
DSC_2146.jpg
多分、ここでずっと働いてたらそういう恐怖症になってもおかしくないと思う。

関連記事



コメント

  1. futoshi | URL | dvUYBDnY

    いや~ここはスゲ~~~かったね。

    俺もそれ以上の語彙がありませんや。

  2. sho | URL | -

    Re: タイトルなし

    本当すげーっすよね。
    あれ以上すごいものってなかなか無い気がします。

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/424-255cf8c6
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。