最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

墓荒らし

2010年10月24日 14:35

旅行者にとって、観光というアクションは義務であり、宿命なのです。




どこまで走っても月や太陽がついてくるみたいに、観光は旅行をしている限りついて離れないのです。






大体、見ず知らずの人間の墓を見に行くなんて、死者にとっちゃはなはだ迷惑な話だ。


もし僕が死んで、灰になって墓に入って、その後毎日のように知らない大量の外国人に



うろうろされたら、落ち着かなくて死んでも死に切れん。




イエスキリストもだいぶ困り気味 やつれ気味
DSC_0617.jpg
「そろそろ寝かせてくれないか。二千年もひっきりなしに祈られて、もうへとへとなんだ。そもそも世界がこんなに広いなんて知らなかったし、世界中にこんなに布教されるなんて思ってもいなかったんだ。」と。



DSC_0620.jpg


そういうことで、世界中のスラムや難民キャンプなんかよりはよっぽど住み心地のよさそうな場所の永住権を獲得した方々のお墓訪問
DSC_0623.jpg


とにかくこれが墓らしい。自分よりだいぶ背の高いお墓が並ぶ墓地。
DSC_0635.jpg


墓地に路地が。。。
DSC_0638.jpg


状況がよく分からない。
DSC_0641.jpg



墓を荒らす不届きものの人達
DSC_0648.jpg



若くして亡くなった美しきファーストレディ エビータさんの墓だった。
DSC_0646.jpg
エビータさんも、今頃死んでも死にきれんだろうに。



なんまんだぶ、なんまんだぶ。




そんなアルゼンチンのレコレータ墓地。












関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/405-a8f3192b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。