最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界で2番目に・・・

2010年10月20日 08:29

ワレ、ブエノスアイレスニトウチャクセリ。





パラグアイは結局、日本人居住区しか行かなかった。




これじゃ、日本に来て米軍基地しか行かなかったようなもんだ。


もちろんパラグアイにもパラグアイの良さがあって、それを知ろうと思えば、


もっともっと他の町にも行って、人と触れ合って、色々経験する事も出来たんだろうけど、



そろそろ旅も終わりが見え始め、これまでに多くを見てきただけに、



少しの違いが気にならなくなってるような気がする。



気がするとかのレベルじゃなくて、明らかにそうなんだけど、色んな事が想定内になりつつある今日この頃。



そんな今、僕を感動させてくれるものは明らかに想像をはるかに超えた何か。





とにかく何が起こるかわからない状況なきゃ困る。






でも、世界3位以内なら想定内でも許す。






ということで、ブエノスアイレスには2日前に到着。




軽犯罪が勃発しやすいらしく、カメラを持ち歩くには少し気が引けるんで



かばんの中に眠ったままだけど、今さっきブエノスアイレスのある場所に訪問してきて写真撮ってきた。






そこはイギリスの「The Guardian」紙に掲載された独断と偏見によって決められたと



予想される世界でもっとも美しい本屋ランキング


の第二位に輝いた「El Ateneo」という本屋さん。
DSC_0466.jpg
元劇場。



確かに、一見本屋さんとは思えない場所。


1位に輝いたオランダの本屋さんは元教会らしい。



ちょっとずるいな。



そりゃ元々状況が違えば、かなり有利に決まっとる。



元々、本屋は美しさのために作られてない。
DSC_0460.jpg






ただ、この本屋、本のバラエティも富んでいて、それはそれで楽しい。
DSC_0469.jpg



日本の本屋さんは、「世界でもっとも美しい本屋ランキング」には掲載されてなかったらしい。



日本にも一つぐらい便利さじゃなくて、美しさを極めた本屋があってもいいと思う。
DSC_0467.jpg



ということで、本屋さんにおいてあった武士という本からの教訓

犯した過ちは、いかなる犠牲を払ってでも償え。生き恥はさらすな。



しびれます。































関連記事



コメント

  1. めぐ男 | URL | -

    初めまして

    初めて訪問しました。
    ちょこちょこ色々な記事読ませていただいたのですが、
    おもしろいですね☆

    世界一周、非常に羨ましいです。
    また来ます~

  2. sho | URL | -

    Re: 初めまして

    ご訪問ありがとうございます。

    適当に書いてるだけですので、

    適当に読んで頂けるだけで

    旅してる甲斐も、

    ブログを書いてる甲斐もあります。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/403-afc003c5
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。