最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腐ってもパリ

2010年08月24日 11:09


パリの日が沈むのが、毎晩毎晩ずいぶんと遅いせいで宿に戻る時間は遅くなり、起きる時間も遅くなり、

そして、観光のために宿を出る時間も15時とか16時とかになってきていた。


まずは地下鉄とVeribっていう自転車レンタルシステムを使って、シテ島へと向かう。

16時に到着したノートルダム大聖堂。ゴシック建築の代表だって。
paris20205.jpg
街中にこんなにも壮大で、細部にまで手が行き届いた壮麗な教会がそびえ立っている。東欧で見てきた数々の教会とは一線を画す。さすが大聖堂。さすがパリ。


paris20214.jpg

中に入ると、この美しいステンドグラスが迎えてくれる。しかも入場料無料っていうのが、ありがたい。
paris20220.jpg

バラ窓のステンドグラス
paris20222.jpg


paris20235.jpg


真ん中の人、指2本立てて、「ちぃーっす」ってやってるみたい。
paris20242.jpg
ナポレオンがここで戴冠式をしたんですって。





paris20262.jpg

側面から見るノートルダム大聖堂。
paris20358.jpg
正面から見ただけじゃ、側面は側面で想像もつかないような姿をしていて圧倒される。


17時を過ぎても一向に日の沈む気配のないパリ。

リュクサンブール公園に訪れる。ここも無料。
paris20362.jpg

パリは1日で色んな顔を見せてくれる。簡単には飽きさせない。
paris20356.jpg
ここは市民の憩いの場みたいになっており、数多くのベンチやチェアが置かれ、広大な敷地内にたくさんの人たちがくつろいでた。 ってその写真ないけど、パリに住んだらたぶんここしょっちゅう来ると思う。
新宿御苑みたいな場所。新宿御苑も入場無料にしたらいいのに。


パリ来て、1度はカフェ行かないとなって思ってカフェ入ってみた。
ムッシュー、カフェシルブプレ。って。
paris20311.jpg




paris20396.jpg
帰り際に、再びエッフェル塔へ。 平和With エッフェル塔。


って事で、ブログ巻いていきたいのに折角撮った写真載せないと勿体無いから、

結局1日分で終わってしまった。


それにしてもやっぱりさすが西ヨーロッパ、さすがフランス。


東欧に比べて、クォリティが違う。こじんまりとした旧市街を歩き終えたら、「はい、これでおしまい」ってのとは全然わけが違う。

もちろん東欧だって、相応の歴史があるわけだけど、この街で起きてきた数々の世界を揺れ動かすような

それこそその時歴史が動いたの「その時」が幾度となく起こっているこの街は、2,3日の観光なんかで、何かが分かるわけも無く、多分何度来ても楽しませてくれるような気がする。

つっても、物価が高いから今回はフランス料理も食べてないし、オペラにもクラシックにも行ってないし、

それでも、とにかく僕としては凄く魅力的な街。もちろん人の感性にもよるんだろうけど。


フランス人が意外と親切じゃないとか、街が汚いとか、移民が多すぎるとかイメージが違いすぎて、

がっかりする人もたくさんいるみたいだけど、

このイメージどおりじゃないところが、僕としては凄くいい。


だってイメージどおりだったら、要は自分の想像力の範疇を超えてないってわけで、

それじゃ、心を突き動かすまでにはならないじゃないですか。





長いこと旅してて思うのは、なんでもかんでも想像力の問題だなって事。



とにかく違う地にいって、何が感動させてくれるかって、自分のイメージを超えてくれてる事。

思いもつかないような出来事が起こってくれないと困るんです。


何が起こるかわからないから旅だから。




関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/358-6406746b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。