最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南京虫とおくりびと

2010年08月16日 20:15

スプリトを22時に出たバスは、早朝5時にザグレブ到着。


夜行バス移動は、一泊浮いていいんだけど、ヨーロッパの場合距離が短くて、


こっちが深い眠りについてる時に、確実に起こしてくれる。


だから、いっつも朦朧としながらバスを下車する。




宿に着いたんだけど、早朝すぎて、入れてもらえない。夜行バスが早朝に着くと大体こういう目に合う。




そんなザグレブ、観光一瞬で終了。未だかつて無い瞬殺っぷりだった。
DSC_6538.jpg
DSC_6544.jpg
DSC_6546.jpg
DSC_6554.jpg

こういう自転車専用レーンが当たり前のようにある街。
DSC_6560.jpg



そんなザグレブの宿で、南京虫が出たんですよ。




ヨーロッパで、ありえへんって思ってたのに。




なんか痒いなと思って、目を覚まして、ベッドに明かりを照らすと、南京虫がのんきにベッドの上を貼ってるんですね。


もうそれを見た瞬間、そのベッドでは絶対寝たくなくて、バックパックもそこから遠のけて、


仕方なく、ベランダにシーツ引いて寝ましたよ。


寝る前に、外出て歩いてたら、酔っ払ったモンテネグロ人に絡まれて、


「なんで神風特攻隊は、ヘルメットをしたまま特攻したんだ?ヘルメットだって高いだろ。もったいない」


とか、言われて、


「きっと、それは彼らのユニフォームだからだよ。」って答えといた。特攻前に、撃たれたら元も子もないし。


こっちは、南京特攻隊に足刺されて寝れんのですよ。それどころじゃないんです。





翌朝、宿のスタッフに言ったら


「オーマイゴッド!!」とか言ってたけど、



オーマイゴッドじゃないですよ、あなたの神は何もしてくれないから、その前にさっさと殺虫剤持って、


部屋に行きなさいよ。って突っ込みたくなったわけだけど、


僕はもうチェックアウトしますし、



最後に、「アイムソーリー」って言われたんで、許します。慈悲心です。






そしてザグレブ2日目は、早速やること無さ過ぎて、

荷物を駅のコインロッカーに預け、またまたカジノでルーレットして遊んでました。


そのカジノの隣に、映画館がありまして、500円くらいで見れるもんだし、カジノで勝ったし、


暇つぶしに映画鑑賞。



見た映画は、「おくりびと」 


劇場公開されてから随分と経つと思うんだけど、結構な客入り。


アカデミー賞取ってるだけあるな。



僕は最初のシーンで、山崎勉が、お葬式の祭壇の前でチーンってやるの見て、


心がスーっと現れる気分になりました。


なんか、日本のそういう文化もとても美しいな。なんて。




そんなザグレブ。


















関連記事



コメント

  1. YASU | URL | -

    僕もザグレブには瞬殺されました。

  2. sho | URL | -

    Re: タイトルなし

    一瞬過ぎて、戸惑うよね。もっと精力的に回ればあるんだろうけど。

    > 僕もザグレブには瞬殺されました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/349-aa382170
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。