最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乗り過ごして、寝過ごして、歩き過ぎる。

2010年07月29日 22:37



アテネから列車に揺られて9時間かけてカランバカまでの車窓を楽しむ。。





つっても列車に揺られてのは、わずかに4時間くらいで、途中乗り換えるべきとこで乗り過ごしちゃったせいで、一
駅戻らなくちゃならなくて、その駅で1時間待ち。

そして、一駅戻った後に乗り換えの電車来るまで3時間待ち。


こっちの電車は、車内アナウンスがないし、そもそもギリシャ語で何言ってるかわからないし。



メテオラは奇岩群の上にギリシャ正教会の修道院が建設されてる世界遺産 しかも複合遺産。



複合遺産は、世界遺産の中でもわずかに世界で20個しかないレアキャラ。


マチュピチュとかカッパドキアとか黄山とか、結構メジャーな世界遺産が名を連ねる。



で、このメテオラ。



奇岩群の上にあるんだけど、そもそも山の上にあって、メテオラ観光のための基点となるカランバカからは、

10数キロあって、朝9時と13時くらいにバスがあるだけ。








で、寝過ごす。







9時に目が覚めた。






そして、仕方がないので歩く。歩き続ける。レンタカーにびゅんびゅん抜かされる。


とりあえず2時間くらい歩くと、メテオラの入り口っぽいところに着いたらしく写真を一枚
DSC_5592.jpg

で、また歩き続けること一時間半。日本人をみかける。楽して登りやがって と妬む。
DSC_5605.jpg

そこから、もう少し歩くとかの有名な というかメテオラといえば、この写真って場所に到着。
三位一体修道院(アギア・トリアダ修道院)
DSC_5610.jpg


久々にこんなに歩いたってくらい歩きました。しかものぼりだし。太陽は、相変わらず燦々と輝いてて、紫外線攻撃で肌を痛めつけ、頭もついでに痛めつけられるし、水足りなくなりそうだし。

歩きつかれて、どうしようか迷ったけど、さらに行くともうひとつ巨大なアギオス・ステファノス修道院現る。
天下の学生証割引も聞かなかったけど、まぁ入ったら入ったで、内部はギリシャ正教チックなフレスコ画が飾られてて、見甲斐あったかな。
DSC_5625.jpg


で戻って、また写真撮りなおす。露出高すぎ。
DSC_5649.jpg



そこからとぼとぼと歩いてたら、親切なギリシャ人が車に乗せてくれて、




もいっこの修道院までは、超楽。モビラーゼーション万歳。
DSC_5693.jpg


途中からの眺め。
DSC_5673.jpg

メテねこ。
DSC_5672.jpg


これがギリシャ正教会
DSC_5677.jpg


そこからカランバカまでの帰り道、とぼとぼ歩き始めようかなと思ったら

即効でまた車に乗せてくれて、行きに3時間かけた道のりを車でわずかに10分。


モービライゼーション万歳。


関連記事



コメント

  1. ueno | URL | -

    ギリシャの猫について

    猫は割りと和風だね。
    夏はそちらに行けません。。
    また日本の山に登っております。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/336-3e6285c0
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。