最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬となまず人間

2010年07月02日 21:27

マラウィでは、ンカタベイっていうマラウィ湖畔沿いにある小さな町での



BIG BLUE STARって宿で、日々のんびりしてた。



ここでは、このたび初めてアフリカにてテントを張って寝る日々。



この宿、回線は物凄く遅いけどWifi無料で使えるし、湖に面してて、



飯を食うとき意外は、1日中湖眺めながらあーでもなく、こーでもなくと



脳みその回転を鈍らせるべく、まったりできる。





おかげで、4日もいたのに撮った写真がこれだけ。
DSC_3710.jpg


BIG BLUE STAR専属の番犬
DSC_3720.jpg


で、僕は今まで基本的には猫が好きで、犬はどっちでもいいなって志向だったんだけど、




この犬のおかげで、僕は犬という生き物にぐいっと惹かれた。






なぜかというと、最初の写真に写ってる木のボートがあるかと思うんだけど、





そのボートがあまりにバランスが悪くて、「誰も乗れないよ、そんなの」とか言われたんだけど、






「いやいや、そんなことやってみないとわからないだろ」ってことで、挑戦してみた。





でね、まぁ結果的にはやっぱりバランスが悪すぎて、ボートは僕を乗せたまま90度回転してしまい、




僕は湖へと突っ込みびしょぬれになったわけです。





それは、いいとして。その後、哀れに感じたのか、この犬がぬれた僕の服をペロペロとなめ続ける。





はじめはのどでも渇いてたのかなとも思ったけど、あまりに一生懸命なめてくれるからどうもそんなことないらしい。




で、僕が着替えをしにテントに戻ると、こいつもテントの入り口で待っててくれた。





もうそんな健気な姿を見ると、この従順な犬という生き物に惹かれずにはいられません。






しかもこの犬、宿泊者と部外者の違いを見分けるのか、湖畔から子供たちが入ってこようものなら、



宿のどこにいようと全速力で湖に向かって突っ走り、大声でほえる。




僕らに対しては、いつも従順な犬でしかないのに。






そして、この宿ではなまずをいただきました。なまずの丸焼き。これが意外とぷりっぷりしてて美味。




そんななまずのおいしいマラウィなんだけど、どうやら国民もなまずっぽいんです。



こんな感じで。
DSC_3733.jpg


黒人って、日本人からしてみたらどいつもこいつも一緒に見えるけど、やっぱ国によって特色がある。

で、マラウィの特徴はなまずっぽさなのです。
DSC_3734.jpg


多分、ずっと昔から食べるものがなくて、先祖代々なまずばっかり食べて生きてきたから、顔がどんどんとなまずっぽくなっちゃったんじゃないかと。
DSC_3730.jpg



ってのは、勝手な想像で、別にマラウィ人なまずなんてそんなに食べてない。
上の3人が兄弟で、たまたまそんな顔をしてただけ。
DSC_3729.jpg






で、マラウィはンカタベイに滞在しただけで、その後はスルスルーっとザンビアに向かった。





関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/313-ae171182
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。