最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイド・イン・チャイナ

2010年06月30日 17:37





アフリカなのにアフリカとはかけ離れた文化と文明と自然を持つザンジバル島から




吐きそうになるくらい揺れた船に乗って、再びダルエスサラームに戻った。







もうダルエスサラームに、用なんて何にもないからさっさと次へ。





ということでマラウィ目掛けて乗ったのが、タザラ鉄道(タンザン鉄道)





ダルエスサラームからザンビアのカプリムポシまでを結ぶこの列車。




Wikipedia先生によると1970年から75年にかけて、中華人民共和国の援助によって5億ドルの総工費をかけて建設。


全長1860キロ。





ということなんです。




で、駅に行ってみるとやっぱり中国を彷彿とさせる駅の構え。





でも、中国の駅ってのは当然一日に何本もの列車が行き来し、莫大な数の人口が利用するだけにあの規模。





で、このタンザン鉄道はわずかに週2。






だから、列車が運行していないほかの曜日は閑散。




なんだか、無駄にでかい気がしてならない。



中国側としては、「作ることになっちゃったし、こっちとしてはこんなのしか作れないけど、まぁそれでもいいなら」みたいなノリで、いつもの中国の駅を作っちゃったんじゃなかろうか。



ま、それは置いといて列車に乗り込む。





やっぱりこの列車も、完全に中国製。




カップラーメン用のお湯が出る設備がないのと、食堂車で出される食事が中華料理じゃなくて、




ただのチキンとライスか、ビーフとライスって事以外は、ほとんど同じ。
DSC_3700.jpg





しかも久々の列車だったんで、わくわくした。最初は。





でもね、車窓がぜんぜん変わらないんです。もうずっとアフリカンな景色。




しかもトランプしてたら、ジャックのスペードが風で窓の外に吹き飛ばされるし。


夕日と列車
DSC_3685.jpg


アフリカ名物 バボバブ
DSC_3706.jpg



で、最近回線高速化のおかげでユーチューブに動画がアップロードできるようになったので、
1分ばかりのタンザン鉄道の車窓からの映像をお届けします。

退屈だけど。



で、アフリカ始まってスーダン、エチオピア、ケニア、ウガンダ、ルワンダ、タンザニアと来ているわけだけど、



どこもかしこも中国援助の香りがぷんぷんする。



おかげで、道がよくなって旅行者としては快適な移動ができるわけなんで感謝の意を表しないといけないとは思うんだけど、不穏な空気を感じずにはいられない。




もちろんそんな記事が、アフリカの雑誌にも載っていた。



「おいおい、お前ら、中国の援助を何も考えないで素直に受け取ってると、気づいた時には資源が根こそぎもってかれちゃうで。気ぃつけな」みたいな記事が。





















関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/311-73429ad1
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。