最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ウガンダ)ゴリラの国

2010年05月30日 21:46

ナイロビから夜行でさくっとウガンダの首都、カンパラへ。



ずいぶんと距離があるはずなのに、道がずいぶんと良くて、



夜出たバスは、深夜の国境超えを経て早朝に着いた。








そして、カンパラでバスを降ろされて、安宿のNew ABC Hotelへと向かい、チェックインを済ませる。








カンパラの初っ端の印象は、茶色。






道路が舗装されてたり、されてなかったりでされてない部分はアフリカ特有の赤土がずいぶんと目立った。









そして何より日本車が目立つ。ずいぶん前に書いたけど日本の中古車だらけ。






ナイロビでもそうだったし、この後行く国も大体そうなんだけど、





日本の厳しい車検を諦められた車たちが、こうしてここで第二の余生を送っている。




何気に余生のほうが厳しい道を体中ぼろぼろになっても問題なく、走らされるのでなかなかハードな人生を



送ってるみたいだけど、ここまで日本車が走っているとやっぱりうれしい。






ウガンダのイメージって何となくゴリラだったんだけど、ちょいちょいゴリラっぽい人を見かけた。




ゴリラっぽいというか、一つ間違えればゴリラに生まれたんじゃないかみたいな。
DSC_3112.jpg







アフリカの首都は、首都だけにそれなりに都会なとこがおおくて、カンパラもそれなりに都会だった。



それなりの中層の建造物とそれなりの商店。


そして一軒だけ見た何でも売ってるカルフールみたいなスーパーマーケット。



さらに何故かヒンドゥー寺院。
IMG_0277.jpg



ほとんどルワンダのビザ取得のためにしか居なかったけど、



首都なりの魅力を秘めた都市だったんじゃないかと。



ウガンダ入ってから、朝食はこればかり。
カトゴ。
IMG_0282.jpg



関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/301-5258e615
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。