最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ケニア)援助物資の末路と野菜欠乏症

2010年05月28日 22:47

ケニアでサファリツアーが終わったあとは、数日ナイロビでだらだらした後ウガンダへと向かった。


ニューケニアロッジ、居心地いいです。


ケニアがアフリカの雄といわれるだけあって、ナイロビの町は都会。


つっても、町に並ぶ店は携帯ばっかり売ってたり、中国製の服ばっかり並んでたり、



そして外国から送られた援助物資が売られてるギコンバマーケット。



そこには、ユニクロなんかも売ってたりして、日本からの援助物資も届いている模様。



日本からめぐられない人達へ という事で善意の気持ちで送られた品物は、



どういうわけかここでみんな売り物と化している。



そういうことで、外国からの援助というのは結局現地ではゆがんだ形で受け取られ、



結局アフリカ人みんな援助頼みになっちゃって、自分らで働かなくなるんじゃ。






こいつら、永遠に貧乏じゃ。


そんなのを尻目に、ナイロビで有名なお肉屋さんへ。

肉食べ放題 約3000円。

牛、豚、鳥、ダチョウ、ワニ、ラクダを食べまくった。食べ放題。
IMG_0241.jpg


何が一番美味かったって
IMG_0237.jpg

もちろんお肉もうまいんだけど、
IMG_0234.jpg




何しろサラダがうまかった。フレッシュサラダ。コーンサラダ。





アフリカに来るとやたらと野菜の摂取が少なくなる、体が求めまくってる。





全力で野菜求めまくってる。命を削った肉を食べながら、野菜に対して興奮してるとき、



もうベジタリアンになってもいいんじゃないかって思った。





でも、今思うとそれはないね。100%  それが世の中の仕組みなので。






ニューケニアロッジの屋上から見たナイロビ
DSC_2922.jpg


関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/300-02b041c3
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。