最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

埃まみれの誇り高きマサイ族

2010年05月27日 19:45

マサイ族ってなんだか、アフリカの民族代表って感じじゃないですか?


良くは知らないけど、なんとなくは格好いいイメージあるじゃないですか。



サファリツアーのオプション(1200円)で、マサイ族が住む村につれてってくれるわけですよ。










村つっても、住人わずかに20人くらいしか居ないんじゃないかと思われる小さな小さな囲い。








金を払って早々、コンダクターらしきマサイが説明を始める。





もうこなれたもんです。











そして、さっさとマサイジャンプショーをおっぱじめる。
DSC_2832.jpg

なんだか、皆事務的な感じで投げやりでやる気なし。






まぁ、予想してたけどさ。






その後見せられるのは、火起こし。
大のマサイ族5人で火起こし。しかも最初火がつかなくて、木が湿ってるんだとか言い訳。
DSC_2841.jpg

そんな情けない大人たちを見る子供たち。
DSC_2848.jpg

その後は、女マサイ達のショー。
DSC_2855.jpg

そして、写真撮影。
DSC_2840.jpg

その後、マサイの家案内。つっても小さな小さなわらぶきの家。




でもって、最後はお土産タイム。

で、お土産も買わずにだらだらだらだらしてたら、中国人のツアー客が登場。





僕らに、再度マサイジャンプショーを見せたくないのか


やたらと帰らせたがる。




なんだか腹立たしいので居座る。



で、もっかい見る。微妙に中国人が見切れてる。
DSC_2877.jpg




で、そのまま居座ってたら、「お土産買わないならさっさと帰ってくれ」みたいな雰囲気になり、






ほとんどそこを追い出されるような感じになって出場。








案内してくれたマサイに、



「これじゃ、ただのビジネスじゃないか。お前はビジネスマンか?」って聞いたら、


「イエス」って言われた。



「昔は、お前たちも狩猟して、金なんか無くても生きていけたんだろ?」って聞いたら、




「それは昔の話だ。教育にも食費にも金がかかる。世の中金だ」って言われた。





なんか悲しくなるな。





プライドとかないのかな。






関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/299-c2b0d71b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。