最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I am a superstar!

2010年04月29日 17:46



アジスアベバを出て、どこに向かったんだか3週間も前の出来事になってしまって忘れかけてて、

必死に思い出したところシャシャマネに向かったんだという事を思い出した。


シャシャマネという町には、近くにラスタファリズムの聖地ラスタビレッジがあるらしいんだけど、

そこは治安が悪い上に、ただ皆が仲良くマリファナを吸ってラスタファリズムを信仰しているという、

救い難い場所のようなので行くのはやめた。

僕とボブマーリーに関しては、思い出す限り何にも関連性がない。


というか、相変わらずビザの期限が迫ってた。



そこでは、一緒にいた子が7年ぶりの感動的な再会を果たし、

それを傍目に世界ウルルン滞在記 再会スペシャルを見るかのような極めて客観的な視点から

拝見させて頂いた。


一期一会だったはずの出会いが7年経って再会によって違う形に変わる瞬間というのは、

白紙に鉛筆で何かを書いて、消しゴムで消すとちょっとだけ後が残って、その後をたどってまた鉛筆で

書いて消しゴムで消して、前とはちょっとだけ違って、少しだけ濃い後が残ったみたいな。


とりあえず写真が何一つ残っていなかったんで、シャシャマネはこの辺でわずか一泊だけで

翌朝、いつもどおり4時に起きてアルバミンチへと向かった。








エチオピアの名も知れない各村々は、外国人に対して恐ろしくピュア。


バスが休憩なのか故障なのか知らないけど、停車しているとそのわずかな間に、

わらわらわらと村中から人が群がってくる。

こんなに閑散とした村のどこにそんなに人いたんだ?ってくらいに群がってくる。

平日の昼間に、学校も行かず、仕事もせず、何をしてたんだ?ってくらいに群がってくる。


何の告知もなしに、外国人が来たからと100人くらいがものの10分くらいに群がる。

そのときは、日本人5人くらいで移動していて彼らにとっては衝撃的に珍しいことなのかもしれないけど、

こっちとしても、ただただいきなり止まったその村で人がそんなに集まってくるのは衝撃的。
DSC_1189.jpg
DSC_1197.jpg


DSC_1206.jpg


彼らは、物乞いをする事も無く、



なんとなく「ペン、ペン」って言ってるのは聞こえてきたような気はしたけど、



一眼レフを振り回して写真を撮ってると、興味津々で撮られてくれて面白かった。

DSC_1203.jpg



そうこうして、アルバミンチ到着。



南部は人がうっとおしいという話を聞いたし、バスを降りて子供が着いて来て何かをねだってような気もしたんだけど、

この旅を通して、余りにそういう物乞いに慣れすぎてしまったせいか何とも感じなくなってしまった。


これが日本から飛んですぐだったら、「うっとおしーな。遠く遠くに吹っ飛ばしてやろうか?」という

あるまじき感情を抱いたんだろうけど、物乞いっぷりが生易しいと物足りなくて、むしろこっちから絡んでしまうようになってしまった。

子供「お金ちょうだい」

僕「お金ならいくらでもあるけど、あげない」

子供「お金ちょうだい」

僕「どうして」

子供「いいからお金ちょうだい」

僕「だから、どうしてかあげなきゃいけないか教えてよ」

子供「これからマーケットに行って、買い物するからお金ちょうだい」

僕「何の因果があって、見ず知らずの君らにお金を上げなきゃいけないのか教えてくれ」

子供「お金ちょうだい・・・・」

僕「5ブルくれたら、2ブルあげる。」


こんな他愛も無い会話をしてると、向こうは諦めて去ってしまう。

エチオピア人は、この辺の諦めのよさが何とも可愛らしいわけだけど、油断をしてるとバスに置いておいたかばんをナイフで

切り裂かれてしまうので要注意。
CSC_1211.jpg
関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/287-4af726a9
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。