最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国境越えてエチオピア

2010年04月03日 00:09


早朝。といっても8時くらいなんだけど、なんだかんだで居心地の良かったHotel Al Raby(7スーダンポンド、約270円)を

後にして、カルツーム郊外にあるバスターミナルへとタクシーを走らせる。




そこで、あっさりとスーダンとエチオピア国境の街までのバスチケットが買えた。


事前の情報では、ゲダレフって町まで行って、そこからトラックのヒッチハイクって聞いていたのに、あっさり。


しかも中国製の豪華バスにて。軽食つき。



またひたすら車窓は砂漠が続く。世界中全部砂まみれになっちゃったんじゃないかってくらいに、最近のバスからの車窓は砂漠。


この辺の国の人たちは、よくもこんな砂漠に住む気になるもんだと関心する。

何が悲しくて、こんなに暑くて砂まみれで何もない場所に住むんだろ?



イスラム教のほとんどは砂漠圏。彼らの得意分野。




世界中の砂漠圏をムスリムが席巻する。




まるで丸の内を三菱地所の十八番ってみたいに。



世界中の砂漠でアザーンが鳴り響く。世界中のイスラム教徒が毎日5回礼拝をする。




統一化される砂漠。




こんな景色ばっかり見せ付けられると、日本の四季の素晴らしさを再三再四確認させられる。




途中、休憩のためバスが止まり、外に降りると、そこは灼熱地獄。


乾燥してるからまだいいけど、余裕で40度越えてそうな暑さ。



人が住めるとは思えない暑さ。やっぱり彼らには関心する。




とりあえずバスが、国境らしき場所に到着するんだけど、



ド田舎っぷり発揮しまくってて、プレハブだとか今にも崩れそうな木の家ばかり。

とにかくそこが国境らしくて、そこでイミグレーションを済ませる。



国境を越えて、エチオピアに入国。



エチオピアのメデマという国境の町は、広めのアスファルトの道路を中心に

ぼろーい家々が道沿いに連なっていた。




バスを降りてから、ずーっと勝手にイミグレの場所だとか案内してくる奴らが居て、

宿まで案内され、最終的には少しだけ両替をしたわけだけだけれど、今考えると

物凄い悪いレートだったっぽい。

彼らの目的が両替だったらしく、それが終わり、宿を紹介し終えると、そそくさといなくなった。


用意された宿は、これまた今までになくぼろぼろというか換気が悪くて居心地の悪いコンクリートの壁のなかに

ぼろぼろのベッドと窓があるだけって空間で、とりあえずの一泊のためにはいいけど、

それ以外の目的で泊まれるような場所じゃなかった。というか連れ込み宿的なとこ。



僕らは、そこに荷物を置くととりあえず食事を取りに外に出た。というか部屋の中以外は全部外なんだけど。



そして、くさくて酸っぱい事で有名なエチオピア名物のインジェラとやらを食べる。



見た目は雑巾、味はゲロって事で評判のインジェラ。




どうして主食なのに酸っぱい必要があるのか分からない。インジェラの味は、そんな残念な味。


今まで食べた数多くの発酵食品の中でも、もっとも残念な味のうちのひとつだと思う。


それでも、食べ慣れれば旨いのかもしんないし、日本人に聞いても賛否両論だし、


とはいえ、何でも発酵させればいいってもんじゃないし、日本では流行らない味だと思う。


そんな一日。
































関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/278-b67a43dc
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。