最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエル脱出して、最後の聖戦へ

2010年03月12日 06:16

イスラエルには、8日間滞在。

問題は山積みで、これからどうなるか目を離せないことになるのは間違いないこの国に

一週間いて、それでもまだまだ物足りないくらいこの国には見所がたくさんあった。



ユダヤ人とパレスチナ人が共存してる旧市街をただ歩くだけでも十分面白かったし、

知識をもっと増やして、この各宗教にまつわる聖地を訪れれば、さらに興味深くこの国を回れるんだろうし、

テルアビブとエルサレムとのギャップも激しくて、ユダヤ人の作るテルアビブという都市には惹かれてしまった。

あまり代わり映えのしない中東の町々の中で、テルアビブの異色さは抜きん出てる。



正直、パレスチナ人の中には日本人を馬鹿にしたような態度を取ってくる人も多いし、それに比べるとユダヤ人のほうが随分と倫理的に大人な感じがした。

だから、人柄から判断するとあまりパレスチナ人って好きになれないかもしれない。すぐ怒るし。


物の値段を2,3回聞きなおしただけで、めっちゃ怒ったりする。

ユダヤ人はユダヤ人で、「この国は、最高の国だ。ただ隣国に恵まれてないだけだ」とイスラエルの成り立ちから考えるとおかしな事言ってたりして、

正直、ユダヤ人もパレスチナ人も好きにはなれなかった。


イブラヒムに関しては、この旅1,2位を争う良い人だったわけだけど。

とはいえ、このイスラエルって国は色んな魅力の詰まった面白い国だなと実感したわけです。


ってなわけで、イスラエルを再び同じルートで出国。

出国審査に関しては、随分と雑なんだけど、この国ではビザ代取らない代わりに、

多額の出国税が取られる。161.5シュケル(約4,000円)だったかな。

再びキングフセイン橋
DSC_1086.jpg


タクシーの乗り継ぎ、乗り継ぎでアンマンへと戻る。


アンマンへと戻り、久々に中東色いっぱいの白々しい街中でカレーを食べ、


そしてイランからイスタンブールまで一緒で一人薬の副作用に苦しみまくる三沢君と再びイスラエルで合流を果たし、


セルビスでぺトラ遺跡のあるワディムーサへと向かった。

アンマンからワディムーサまでの道のりでひとやすみ。ずっと砂漠。
DSC_1090.jpg







関連記事



コメント

  1. 石 | URL | -

    宮さんによろしく。

    ダハブでもヤニやってるらしいよ。

  2. sho | URL | -

    Re: タイトルなし

    カイロで再会しました

    ついでに一泊だけ部屋シェアしちゃいました。

    相変わらずマージャンしてました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/267-5df6e521
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。