最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壁好きなユダヤ人

2010年03月09日 21:25

その日は、ずいぶんと壁ばかり見る一日。


ベツレヘムに行った日何だけど、ベツレヘムというのはパレスチナ自治区にあって

パレスチナ人の居住区。

そして今、イスラエルはパレスチナ人があまりにもSuicide Bombを行なうものだから、

壁を作っちゃえって名目の元建設している壁がある。


分離壁。





その壁の距離は2008年8月時点で409キロにものぼり、合計で723キロにもなるという。



パレスチナ自治区に侵食して立てられるこの壁は、パレスチナから水資源を奪う意味もあったりして、

パレスチナ自治区を干からびさせる意味もあるらしい。


国連決議でも非難され、国際司法裁判所でも撤去勧告され、それでも壁は作られ続ける。

バンクシーという芸術家が、イスラエル軍に銃を向けられながらも書き続けた絵が、
ベツレヘム近くのパレスチナ側の壁には残されていた。
wall1.jpg

五本指に、仏教、ユダヤ教、イスラム教、キリスト教、ヒンドゥー教が描かれる。
位置のせいか仏教だけが残されてる。仏教って平和な宗教だよね。
wall2.jpg

Fuck Israel
wall3.jpg

壁。
wall4.jpg

ツーリスト愛されてます。
wall5.jpg

これもバンクシーの絵。左側のレンガが書かれてる部分には、本当は綺麗なビーチの絵があったらしい。
wall6.jpg

パレスチナ自治区からイスラエルのエルサレム側へと入るためのゲート入り口。
wall7.jpg

この壁を見終わった後、僕らは旧市街の嘆きの壁へと向かった。
多くのユダヤ人が壁に向かって祈りをささげる。
wall8.jpg

そして、感じた事はとにかくこの人たちは壁が大好きなんだな。と。
wall9.jpg

でも、もうひとつ思った事は、同じような状況に日本国が置かれたとして海ではなく陸に他国と
接していたとして、日本人の性格からして
wall10.jpg

分離壁みたいな壁作りかねないよなって思った。だって、爆弾持って自爆する気でやってくるんだもん。
ってそれ日本人やん。
wall11.jpg


僕が生きている間に、この壁が取り払われる事はないんじゃないかって思う。

市民活動でどんなに頑張ろうと、第三国がこの壁に対してどんなに非難しようと、

この壁は存在し続けると思う。

平和って作るもんじゃなくて、気づいたら勝手にあるもんだとおもう。


それにしても、バンクシーのやってることかっこいいな。

自分勝手にやりたいことやって、それが世界中にファン作って、メッセージもちゃんと伝わって・・・




関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/262-5d8db1ed
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。