最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(イスラエル)グッバイ、ジーザスクライスト。その1

2010年03月07日 08:31

キリスト教の聖地エルサレム、そしてこのパレスチナ。

キリスト教ではないけど、高校の時、月曜の一限は宗教の時間でいっつも爆睡

そして、宗教のテストでは祈りをひたすら覚えた。


天にまします我らの父よ、願わくはみなのとおとまれんことよ、みくにの天に来たらんことよ

われらが天におこなわるるごとく、地にも行なわれん事よ、われらが・・・・・・



あんなに覚えたのに、これ以上思い出せない。忘れっぽさが嫌になる。




そして雨の中訪れたのは、ベツレヘム。 パレスチナ自治区にあってキリストの生まれた地。

相変わらずパレスチナ人とユダヤ人との銃撃戦なんかも時折行なわれちゃう場所。

生誕教会。
DSC_0463.jpg

たまたま教会の内部に入ると、ミサというか合唱が行なわれていて、それはもう厳かな雰囲気。
本当に今にも救世主が生まれたんじゃないかというくらいに。
DSC_0474.jpg


DSC_0479.jpg
ここには、観光客も牧師も誰も来なくて、一緒に来た人たちも少しの間だけ来なくて、
静寂な空間に僕一人だったんだけど、入った瞬間に心が洗われたような気がした。少しだけ涙が出た。
この広い生誕教会で一番好きな場所。そしてまた行きたい場所。ずっと居たい場所




イエスキリストは、生まれた後マリアに抱かれてベツレヘムを追われてエジプトに行こうとしたそうな。その時、マリアから落ちた母乳が岩を白くしたそうな。その教会 Milk Grotto

このシスター。僕が見ている間微動だにせずずっと前を見つめていた。
milkgrotto2.jpg

ベイビージーザスクライスト。
milkgrotto1.jpg

そして、イエスキリストはナザレで育ったわけで、僕もそこに行こうとしたんだけど、ちょうど行きたかった土曜日はユダヤ教にとってお休みの日。その休みっぷりたるやムスリムのそれを超越して、長距離バスなんかも全部休み。タクシーをチャーターしないといけなかったりして、断念。

まぁ、そんなこんなでイエスキリストは教えを説いて、弟子をたくさん作って、そして処刑される前夜に
レオナルド・ダ・ヴィンチのそれで随分と有名な最後の晩餐なんかを迎えるわけです。

とにかくその最後の晩餐が行なわれたのが↓の場所。

最初行ったら、誰もいなくてただの何も無い場所として、スルーした。
lastdinner1.jpg

も一度行ったら、すっごく綺麗な音色が聞こえてきて、綺麗なお嬢さん方が綺麗な歌声で歌ってた。
lastdinner2.jpg

そして最後の晩餐の翌日、キリストは十字架を背負わされてゴルゴダの丘へと向かう。



つづく。


関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/259-da4591f2
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。