最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(シリア)祈ろう、祈ろう、全部捨てちまいな。

2010年02月22日 10:33

レバノンはわずかに2泊滞在でさらっとシリアの首都ダマスカスへ。


さらっとくるつもりだったんだけど、ベイルートからダマスカス行きのバスが

適当にバスターミナル行ったら、3時間後までないとかで3時間待ち。

さらに、3時間待ったら今日のバスはキャンセルとか言われて、

一緒に待ってたカウボーイちっくなドイツ人2人、ナチスちっくなアメリカ人1人とタクシーチャーターして、

ダマスカスへ。シリアに帰ってきた。


ダマスカスについて、宿探し。




ガイドブックに乗ってる宿巡るも、どこも満室。




アメリカ人は、すでに良宿キープしていてそこにチェックイン。


ドイツ人がさらに一人加わり、日本人1+ドイツ人3というパーティを組んで、ダマスカスの町を練り歩く。



どっかの情報ノートで書いてあったダマスカスの安宿 Ziad Hotelに最終的にはたどり着く。







世界最古の都市、ダマスカス。これもまた世界遺産。



この旅に出て、いくつの世界遺産をめぐったんだろうか。そろそろ集計してみようか。





朝からダマスカスの旧市街へ向かう。




ここには世界最古のモスク・ウマイヤドモスクがある。



旅に出るまで、というかイランに入るまでモスクなんて行ったこと無いけど、

イラン以来、行ったモスクの数は数知れず。




その辺のイスラム教徒より絶対数多く行ってる気がする。



これだけ行ったからには、世界最古行きたいよね。





世界最古なのに、ウマイヤドモスクはキリストの教会をぶんどって作ったんだとか。
DSC_0147.jpg



複雑な心境ですよね。
DSC_0151.jpg



10年かけて教会を改築したらしいんで、
DSC_0154.jpg


モスクらしさ全開。モスクらしいとか、らしくないとか良くわからないけれど。



何しろ、おそらく一番モスクらしいメッカにあるカアバ神殿に行く事が難しいので基準がわからない。
DSC_0063.jpg

モスクと共に世界遺産登録されている旧市街の町へ。
DSC_0008.jpg


DSC_0011.jpg


狭い路地や広い路地、小さなモスクや大きなモスク、そしてキリスト教の教会。

狭い空間に色々な色があって、どこを歩いても飽きなかった。



大変、味のある場所でした。



朝、割と早くて人がいなくて静かだし
DSC_0070-1.jpg


DSC_0077-1.jpg

DSC_0083-1.jpg

DSC_0085-1.jpg




ところが、旧市街観光終わるとダマスカス見るとこなくて、昼過ぎから市内をさまようばかり。




この旧市街以外に限っては、他の都市と同様に統一色なんだよな、シリアの町。



暑くて、道に迷って、大学行って試験中の教室に紛れ込んで、


それから何したっけか?



シリア最終日。


関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/253-7b53d492
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。