最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渡航の是非を検討してくださいってなってる国へ。

2010年02月20日 06:17

ハマにある快適宿 Cairo Hotelで、結局1日無駄にだらだら。


若干のハマ観光もしたりして。


ハマって町は、特に見所はないシリアでは中規模くらいの町で、のどかな雰囲気。

宿が快適だってこともあって、何も見なくてもとりあえずのんびり出来そうな感じがした。

そんなのどかな町から立つ黒い煙、火事だよね、きっと。
DSC_0429.jpg


ハマから再びホムスへ。(セルビスで30分くらい。そこまでの景色がまたのどかで素敵。)


ホムスからレバノン行きの乗り合いバンを見つける。


こっちの乗り合いタクシーは、座席がすべて埋まるまで出発せず、9時ぐらいに乗り込んで、

出発したのは、10時前。




途中で誰かを乗せる予定らしく、空席のまま出発。




そして、その誰かの家に到着。





車内は、みんな窓側に座ってて、通路側しか空いてない。





その乗り合いタクシーを予約してたシリア人のおじさんは、窓側が空いていない事に憤怒。



何言ってるかわからないけど、とりあえずその窓側に座りたいって事に怒りまくってる。




結局、そのおっさんは車に乗らず、空席のまま。




どこに向かうのかと思えば、再びホムスのバスターミナルへ。




車内が満室になるまで、再び待つらしい。




9時に行って、11時にまたバスターミナル戻ってきた。



この人たち、急ぐとか乗客の事とか全然考えてないらしい。



しかも、他の乗客も全然怒ってない。




これが当たり前?

シリアって、道聞いたらわざわざその場所まで案内してくれて、さらにバクシーシなんて要求することは一切なくて、皆素敵。

インドとかのノリで、疑ってかかると、疑った自分が自己嫌悪に陥る。






そんな前向きな事考えつつも、結局、車が出発したのは12時過ぎ。






強風の中、レバノンの北の国境へ。






レバノンビザは、北から入ると無料で取れるとか取れないとかって噂があったんだけど、




行くと、「ウェルカム、レバノン。」いわれて、すんなり無料で取れた。



いらない心配でした。

しかもトランジットで入ったシリアビザですでに一週間ほどいたけど、一切おとがめなく。





そんなわけで、レバノンのバールベックに行くはずだったんだけど、




降ろされたのは、ベイルート。







あっっっという間にバールベックすっ飛ばして、着いちゃった。




レバノンせまっ。


街並みがまるでヨーロッパ。



夜、人すくなっ。モスクあるけど。



DSC_0455.jpg





関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/251-5d936a6a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。