最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しゃきっと生きたい2010年

2010年02月07日 01:14

カッパドキアから帰ってくると、当日は大晦日。


「Tree of Life」は日本人で大賑わい。

クリスマスの時と絵が変わらない。この狭いスペースにどえらいたくさん日本人。
040.jpg

大晦日に年越しそばが食べれて、本当に良かった。しかもてんぷらそば。

そば作ってくれた、ヨシさんに全力で感謝!!




細く長く。海外にいても、日本の文化をこうして実現出来たのは、えらく嬉しかった。


3月31日に神戸を出て、9ヶ月。







いつでも、どこでもとにかく日本食が愛しくて、恋しくて、

いつまでたっても、「日本に帰りたい」と嘆きながら旅してた。





どの国行っても、どこもかしこも平和に見えるんだけど、実は

他国とのトラブルや自国内の問題を日本とは比べ物にならないくらいに抱えてる。。


中国では、チベット問題、ウイグル問題、経済格差の問題、
ネパールでは、つい最近あった国王暗殺やマオイスト達台頭してるし、
インドじゃ、いつまで経ってもパキスタンと揉めてるし、
パキスタンじゃ、自爆テロ起きまくってて、結局行かれんかったし、
ドバイ行ったら、ドバイショック起きてるし、
イラン行ったら、ミサイル試写して、欧米諸国と対立深めて、挑発的だし、
トルコも平和だけど、クルド人やキプロスやらで問題抱えてるし、

恐らく、そんなトラブルは100年経っても、200年経っても、形を変えて残ってるだろうな。

真の平和なんて、訪れることはないと思った。

これから向かうというか、実際これを書いてる場所に今いるんだけど、

中東なんて、さらに問題山積み、歴史重すぎ。



それでも、皆さん誰もが、その国の中で、普通に暮らしてた。




とりあえず、そんな現場に居て色々知って勉強になった。



日本から見た世界の見方の狭さが尋常じゃないって気づいた。



メディアから一方的に与えられる事実じゃなくて、真実を知る事が本当に重要だと思った。

結局、真実が何かなんて分かりやしないかもしれないけど、絶対どこかにそれはあって、

火種があって、どこかで操作されてるかもしれなくて、そう考えると、もう途方もなくて、

考えるのも疲れて、気づいたら深夜1時で、全然関係ない夢を見るだけで。




とにもかくにも、相変わらず季節に敏感にいたいのです。






イスタンブールでの年明けの瞬間は、ボスポラス海峡が望めるガラタ橋周辺で過ごして、


トルコ人は妙に冷めて、カウントダウンとかなかったけど、


年が明けた瞬間、花火が上がって、除夜の鐘は聞こえなかったけれど、


とにかく初めて過ごす海外での年越し、楽しかったぜ。

















関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/243-665fc084
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。