最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カスピ海!!

2010年01月27日 06:51

テヘランを早朝出発し、ラームサル(湿地に関する条約で有名なラムサール条約が調印されたとこ)に向かう。

なんで、ラームサルに向かったかというと、

・カスピ海が見たかったから。

・ラムサール条約の調印がされた場所だから。
(北海道出身で、釧路湿原もその条約に関わる場所なので)

以上。

動機としては、不純っぽいけど、カスピ海を生で見たことのある日本人なんて、ほんのわずかだし、
世界一デカイ湖だか世界一小さい海だか知らないけど、とにかく世界一のものを見ておくってのは、
建設的な事なんじゃないかと思うわけで。


テヘランからラムサールまでの道程は、イランではかなり標高の高い地域を走るらしく、
多分5600mくらいある山のそばを通ったはずなんだけど、こないな雪景色がバスの車窓から見られたりして、
IMG_0241.jpg

地図では近いはずなんだけど、5時間ほどかけて到着。


そこで出会った日本で出稼ぎに行ってたことのあるというイラン人とその奥様と昼食を頂く。

イランでも、日本語喋れる人が結構居て、そのほとんどの人が数年前に日本で出稼ぎしてた人達。

ところが、イラン人が日本で麻薬関連の危ない事ばっかり手出して、目立っちゃったもんだから、

イラン人の入国規制が厳しくなり、すっかり出稼ぎの方々も少なくなったらしい。

その見返りに日本人がイランに入国するのも厳しくなって、ビザ代75ドル。

日本人は、イランで何も悪いことしないのに。。。





まぁ、その彼からあまり日本に対する良い印象というのを見受けられず、会話も余り弾まず、
結構高い昼食代になったりして、(とはいっても、400円くらい)微妙な感じで彼らとはお別れ。





そして、15000リアルかけて、タクシー乗って、カスピ海へ。



これが、カスピ海。
IMG_0255.jpg


どうみても海。




ただの海。




冬の海。




名前のカスピって響きからして、なんだかもっと美しくて、キラキラしたイメージを勝手にしたんだけれども、


この景色は、冬の石狩湾と大差ないな。

石狩湾からみえるずっと先にはロシア。

カスピ海から見えるずっと先にもロシア。








それでも、こんなカスピ海に来たことに無理やり感動し、水タバコを吸って、チャイ飲んで、

寒い寒いラムサールを出発して、タブリーズを目指した。




Picture 1468






関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/232-c021d909
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。