最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえず世界の半分見終わった

2010年01月21日 10:14

地球の歩き方によると世界の半分は、一日半あればなんとか回れるそうです。


そうなると、僕がこの8ヶ月掛けて来て見てきたのはなんだったのでしょうか。




そんな屁理屈は置いといて、翌日も同室の4人でイスラム芸術の集大成といわれる

マスジェデ・エマームへと向かった。



26年もの歳月を要して17世紀に作られたイスラム芸術と寺院建築を極めた建造物 マスジェデ・エマーム。



前日は、大統領の演説のせいで入場出来なかったので、本日入場とあいなりました。




エスファハーンが世界の半分というのは、正直言いすぎ感たっぷりですが、

このマスジェデ・エマームの美しさは感動的でした。

入場して、すぐに迫力あるこの佇まい。
IMG_0107.jpg

実物は、もっともっと綺麗なんだけど、とにかく美しい青のタイルで構成された芸術的な天井。
IMG_0104.jpg

外から光が射し込み、光のラインがはっきりと見えた。
中国からずっと旅してて、カメラを持ってこなかったダイスケさんが、この時ばかりは「カメラが欲しい」と嘆いてた。
IMG_0113.jpg


素直に 「なんて美しいんだろう」 と建造物を見て思ったのはいつ以来かな。
期待してなかった分、感動出来たのかもしれない。
IMG_0115.jpg



荷物を無くして、エスファハーンのイラン人に腹が立って、
それでも、こうしてこんなにも美しい建物を見れて、エスファハーンに来れて良かったのかな。






その後は、バザールで取り急ぎ必要なものということで、タオル、歯ブラシ、歯磨き粉、シャンプーを購入。

これでようやく一泊二日程度には耐えられる装備には、なったかな。


エスファハーンのイラン人は、シーラーズと違って随分と幼稚な感じ。
日本人見ると、珍しがってからかってきたり、その絡み方が幼い。

なんで、同じ国でこんなに人が違うんだろってくらいに違った。




夜に再び、スィー・オ・セ橋へ。




ライトアップされた橋は、昼間とは全然違う一面を見せてくれた。
IMG_0128.jpg


という事で、苦い思い出のエスファハーンだったけど、美しさだけは約束できます。



翌日は、警察に行って、書類を取りに行き、そのまま電車でヤズドへと向かった。





関連記事



コメント

  1. sakura | URL | -

    〝マスジェディファームきれいだな~。いつか行こうっと~〟
    って具合で前の前のブログを読みました。

    心苦しさ想像を絶して、口が開いたまま塞がらず。いまの状況を大事にしようと思った。

    ...while there is life,there is hope!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/225-e46b1a58
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。