最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド最後の愉快なインド人達による総攻撃

2009年12月23日 05:09

ちょっとした事件が発生して、写真アップロード出来ませぬ。

その事件は、また後で。



--------------------------------------------------------------------------------------------------


インドからパキスタンに行ければ、このまま陸路でアジア横断が出来たんだけど、

デリーの日本大使館でパキスタンビザ発行のためのレター発行頼んだら、

即 「ノー」

ネパールに戻れば、取れたんだろうけど,毎日のようにテロのニュースが飛び込んでくるので、

パキスタンを飛ばして、イランを目指すことにした。

中東格安航空会社の エアアラビアを使って。



そういうことで、デリー滞在あと2日。


再びホテルパヤルへと戻り、ちょっとした再会や出会いの後に、


コンノートプレイスへと散歩に出た。




このデリーと言う場所は、日本人観光客がさまざまな手口でだまされるという話が後を立たず、

地球の歩き方には、あれやこれやと手口が紹介されている。


そして僕はインド滞在最終日にして、そんな彼らから総攻撃を受ける。


・日本語を勉強してるんですけど、ちょっと時間もらえますか?と言ってしつこくついてきはる若い兄ちゃん。
(この後、インドのどこかに別荘があって一緒に行きませんか?みたいな話になってツアー組む事になるらしい)

・いきなり胸にインド国旗さされて、子供のためと、お金要求してくるおばさん

・耳かきしてあげると日本語で声かけてきて、耳かき後に、法外な値段要求してくるおじさん
(一説には凄く気持ち良いし、そんなに高くないとか言われたけど)

・64GBとか128GBというありえない容量のSDメモリーを1000円以下で売っているおみせ

・片言の日本語で声かけてきて、最終的には旅行会社への連行を企む面々

・政府公認旅行会社が何件も並ぶ不自然すぎるお店たち。


デリーで騙されて法外な料金のツアー組まされたって日本人の話をさんざん聞きました。

彼らの手法は段々と向上しているらしいです。


行かれる方は、お気をつけを。


何も知らないと、騙されてもおかしくないです。

特に日本人は人が良すぎなのが、狙われちゃうみたいです。


一人、インド人じゃなくてヘロイン中毒、金なし、パスポートなしで不法滞在中っていう日本人に脅されて、

金を全て奪われた可愛そうな日本人の男の子に出会いました。


人間のクズですね。




ちなみにデリーを発つ前日がムンバイのテロ事件の一周年だったらしく、

ツーリストエリア パハールガンジの一角もちょっとした厳戒態勢になっており、

そこへの眺めが良いホテルパヤルの屋上には、テレビのリポーターなんか来ちゃったりして、

なんだか物々しかった。





関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/215-480b0c03
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。