最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダライラマ法王14世に出会った

2009年12月16日 00:31

その日、ロシア人仏教徒向けのティーチングが朝から開かれる予定で、 1時間前にダラムサラの寺院に向かった。


男女別に厳重な荷物チェックがあって、かばんの隅々まで調べられる。


荷物チェックが終ると、なにやら麻の生地のかばんが渡され、 中には、書籍や数珠なんかが入っていた。


ダライラマさん、大盤振る舞い。



こっちは、一円も払ってないのに。


会場は、既に人が埋め尽くされていた。端のほうに何とか場所を見つける。


おばさんが、僕の分の場所を空けてくれた。 僕の座った場所は、そばにはチベタンのおばさんや僧侶達、そして外国人たちが居るスペースで、 直接はダライラマ法王が拝めず、TVを通してみるような場所だった。



ティーチングが始まる時間になると、カメラを持った人達が一箇所に急に集まる。


彼らが影になって見えなかったけれども、僧衣を着た人達が移動しているのが見えた。


そして、すぐそばにいると思われるテレビにダライラマ法王14世が映る。


今回は、ロシア人仏教徒向けのティーチングと言うことで、 法王が直接拝める席には、ロシア人たちで埋まっていた。


ダライラマ法王の姿は、テレビや本で何度も見たまんまのあの人で、本当に彼がすぐ そばにいるかと思うと信じ難かったけど、それは事実らしく、スピーカーから 彼の声が聞こえてきた。


人を包み込むような優しい笑顔と声で、それほど聞き取るのは難しくないはずの(とは言っても、難しいんだけど) 英語でティーチングが始まった。


導入部は、事前に呼んだダライラマ言葉集みたいな本に書いてある事の繰り返しのようなことで、 仏教と科学についてや、ロシアの仏教について話していた気がする。

いかんせん、英語。苦しい。



それにしても、話し方が柔らかく、暖かさがあった。


ちゃんと聞き取れたら、もっとのめり込めたんだろうな。


2時間ほどすると、午前の部が終了。 そして、昼休み。 千人以上もいるかと思われる、聴講者に対して昼食が配られたのは驚きだった。


昼食といっても、ごはんと、野菜炒めでぶっ掛けご飯みたいな感じだったけど、 それにしても、大盤振る舞い、ダライラマさん。




少年僧が、がっつりご飯を盛ってくれて、決してうまいとは言いがたかったけど、 昼の部に間違いなく睡魔に襲われる無いかってくらいに満腹になった。


午後の部で、同じフロアにいたところで法王の姿が見れないのは面白くないので、彼が出てくると思われる公邸前で、出待ちをすることにした。




昼休み中には、法王様は個人謁見をしているらしくいかにもインドのマハラジャっぽい人およびその取り巻きが、 中に入っていった。



このインド人は、金で何でも解決しちゃうんじゃないかって雰囲気。偏見だけれど。

どんな話したんだろな。




そのマハラジャが公邸から出てきて数分後、辺りがざわつき、欧米人やチベット人もインド人も、 皆起立をし始める。   公邸の扉が開く。


そして、数人に囲まれて法王が登場した。





出待ちの甲斐あって、僕の間近をダライラマ法王が過ぎ去っていく。




法王は、そこで待っていたみなの顔を見るように本当に素敵な笑顔を振りまいて、会場へとゆっくりと向かっていく。




その溢れ出る優しい笑顔は今まで、見たことの無いような本当に素敵な雰囲気を醸し出していて、 チベット難民がヒマラヤを越えて、命がけで会いに来るというのが理解できるほど最高指導者としての、 魅力を放っていた。



すれ違う時に、チベタンは皆その観音菩薩の化身に対して礼で迎えていたんだけれど、なんだかとにかく、そんな法王様を見ていたら、嬉しくなって手を振りたくなってしまった。



そして、そんな僕にも法王様は目配せをしてくれた。


政治家には絶対出せないオーラだと思った。



午後のティーチングは、もっと込み入っていて、それに宗教用語なんかも加わってテキストがあったけど、 かなり理解に苦しみ、ちょっと辛くはあったんだけれど、それでもティーチングが終了。



午後のティーチングが終わると、再び法王様はお付の人々を従えて、階段を下ってきて、 公邸までの短い距離を走るための送迎者に乗り込んだ。



基本的にはカメラ持込禁止なんだけど、ロシア人の一部の人達はカメラを持っていて、 車に乗り込む姿を激写してる。



うらやましいなぁと思いつつ、撮り終わった写真をごっついロシア人に見せてもらった。

カメラのせいか、プロっぽかったな。あれ。



そういうわけで、ダライラマ法王のティーチング1日目が終わった。





関連記事



コメント

  1. 金 | URL | -

    素敵な体験だね!
    財産ですな!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/213-a1ee3431
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。