最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

で、タージマハール

2009年12月02日 23:35




結局、曇天の中、向かう事になったタージマハール。


750ルピーというインドの中ではグンバツに高いチケットを買って、入場。


荷物チェックがやたらと厳しく、かばんの中に入っていたぬいぐるみ、のり、三脚、カメラのリモコンなどは、預けるように指示される。


それでもジジだけは、生かしておきたいので、頼んでも居ないのにもらったミネラルウォーターを入れる紙袋の 奥の方に押し込んだ。

それと、なぜかスケッチが禁止らしく本などの持込みも禁止されている。


当日が、友人の結婚式だという事で、すでに掲載済みだけど、タージマハールで結婚祝のコメントを掲げてみるという 小さなミッションも、この場所ではどうやら禁止されているらしい。


そういうことで、小さく折りたたんで尻のポケットに隠した。



11時くらいに入場すると、そこには物凄い数の観光客が既にいて、世界各地から来てる様子だった。




さすが、世界一の建築物? このタージマハール。
IMG_7547.jpg


何物かというと、ただのお墓。



ムガール帝国の第五代皇帝 シャー・ジャハーンが奥さんのために作ったお墓。


その奥さんに14人もの子供を生ませて、結局産褥。


なんとも同情の余地のない死因なわけだけど、昨晩、すでにレストランの屋上から見ていたその大きな大きなお墓は、 1500円も払って入っただけあり、その迫力や存在感には圧倒されたし、テレビやポストカードや本などで腐るほど 見ていたその建物でも、やっぱり直に見るとそれなりの感動を覚えた。


ただ、曇り空が背景なので、やっぱり白い建物ってのはそれほど映えずそこが残念。


「ここで写真撮ると綺麗だぞ」と親切なおじさんがいて彼に従って、何箇所かのスポットをとった後、

お決まりの「100ルピー」の要求が・・・。

「2ルピーあげる」って言ったけど、受け取ってくれず彼とはそのまま別れる。



友人のお祝いを掲げるべくタージマハールの周りを色々とまわって、探していたところ、 親切な女の子がそれを掲げて、写真を撮らせてくれた。

その後、お決まりの「10ルピー」の要求が・・・・

「2ルピーあげる」と言って、渡すと彼女は受け取ってくれて、そのまま分かれた。



彼らには、やっぱり単純な親切というものが存在しないらしい。



タージマハールの中にも入る事が出来たんだけど、その大理石の塊のなかにあるのは、


棺が2つだけ。


本当にそれだけ。


たったこれだけのために、こんなものを造っちゃうこの皇帝の神経が全然理解出来なくて、呆れたわけだけど、


結果的には、こうして多くの観光客を呼ぶ観光地になってるのは喜ばしい事なのか、


それともお墓がこんなに踏み荒らされちゃって悲しむべきなのか? 考えるのも面倒臭いです。 と、そんなタージマハール。
IMG_7597.jpg


IMG_7645.jpg
関連記事



コメント

  1. ピンちゃん | URL | -

    こんな話が・・・・・

    ムガール帝国の第五代皇帝シャー・ジャハーンは本当はタージマハールの向こうでもうひとつ黒いタージマハールを作り、川の上に二つのタージマハールを結ぶ橋を作ろうとしてました。それで、自分の息子に王様の権力を奪われ、塔の中に閉じられました。世を去るまで願いも叶わなかったです。って話があるみたいです。

    シャー・ジャハーンを閉じた塔はタージマハールの横の川の向こう側のどこかにあるみたいです。閉じられた9年間、シャー・ジャハーンはきっとずっと奥さんの事を考えながらタージマハールを眺めていたよね。なんて悲しい事だv-393

    ちなみにタージマハールって言う名前はシャー・ジャハーンが奥さんに与えた名前みたいです。宮廷の王冠って意味だって。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/208-44a4b51c
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。