最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄昏マドゥライ暮情

2009年11月06日 11:09

タンジャーブールを出て、マドゥライに着いたのは夜。



そして、バス停から街中までは離れていて、バスかリキシャーで行かなきゃいけないんだけど、 何となくリキシャーは使いたくなくて、バスを使うことにした。




バスの運転手に「どっちに行くの?」と聞くと、無言であっちの方だと指差され、 方向が僕の向かう方向と同じだったので、そのバスに乗車。




乗車後、親切にも乗客が「どこ行くんだ?」と気を掛けてくれる。



それで、目的地を伝えると 「このバスは、違うよ。次で降りて、違うバスに乗りなさい」とアドバイスをくれ、

やむなく次のバス停で降りた僕は、町までの5キロほどの道のりをとりあえず歩きはじめ、 どうしようか考える。




すると、娘を乗せてバイクで走っているお父さんが、


「May I help you?」と止まってくれて、町まで僕を連れてってくれた。



この旅、初めてのバイク3人乗り。 思い荷物を背負いながら、バイクに乗るのはいささか不安定で怖かったけれど、そんなのは関係なく、 南インドの人のこの人の良さは素晴らしいなとひしひしと感じた。


降りてから、お金も要求しなかったしね。




翌朝、マドゥライ一番のみどころ ミーナークシー寺院へと向かう。


東西南北に彩色豊かな塔が建っていて、これまた一つ一つに面白い彫刻が施されている。
IMG_6239.jpg




この辺の町をバスで巡ってると、こんなタイプの塔がどこでも見られる。 それでもこのマドゥライの塔門はデカイ。

中は結構な広さで自分が今どこに居るのか分からなくなるくらい。
IMG_6205.jpg


入場した後に、入場料を払い、チェックがないので、払わなくても全然分からないとは思ったけど、 払った後にその事実に気付いてしまい、時すでに遅し。

内部の柱や壁に刻まれる彫刻はなかなかの見物。

IMG_6207.jpg


ヒンドゥー教徒じゃない自分は、神殿の内部には入れない。

ということで、このドラヴィダ様式のヒンドゥー寺院を堪能したかどうかは別として、 再びこの日の午後には次の目的地に向けてバスに乗る。




バスが出る時に、雨が降り始めて、久しぶりの雨にたそがれる。 多分、最後に雨が振ったのは、一ヶ月前のコルカタだったような。 久々の雨ってのも悪くない。

関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/188-978858ff
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。