最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モノがあるって素晴らしい(チェンナイ インド)

2009年10月29日 23:01

頭で理解することと体で感じる事ってのは、全然違いますね。

日本人に生まれて本当に良かったと思うは当然の事で、長らくその思いはあったのですが、

このインドに来て、この貧困を目の当たりにして、一方でチェンナイのスペンサープラザという

日本のジャスコに比べたら随分と劣るかもしれないけど、何でも売ってるショッピングセンターを見て、

日本の姿を思い出してみると、あー、物があるって事がなんて幸せなんだろう と心から感じております。
IMG_0316.jpg


当たり前にエアコンや洗濯機、冷蔵庫がある暮らし。砂糖の入ってないコーヒーや紅茶が簡単に飲める暮らし。

とりあえずの欲しいものは何でも手に入るし、便利に突き進むそんな暮らし。

そんな毎日を26年間も当たり前のように過ごしていたかと思うと、罰が当たるんじゃないかと思ってきた。

だけど、物が無いってのは、一度物がある暮らしを知ってしまうと不便で仕方が無い。

もう逆戻りなんてそう簡単には出来ません。

日本で簡単に手に入ったものも、インドではそれがどこで買えるのか、果たして存在するのかすらも怪しかったり。

インドに来て洗濯物は常に手洗い。やっぱ汚れはなかなか落ちません。脱水も結構大変です。

洗濯機ってのは、なんて素晴らしい発明なんだろうかと思ってしまう。ましては乾燥機付洗濯機なんて贅沢すぎる。

24時間のコンビニとかいつでもキンキンに冷えたジュースが飲める自動販売機ってのも、贅沢すぎ。





そういうわけで、スペンサープラザには二日連続で通い、12Rs(24円)のソフトクリームを何度も食べ、

カメラの割れたフィルターを買いなおしたり、ポストカードを買ったり、文房具を物色したり、

無駄に日用品や電化製品なんかも見てみたり、ケンタッキーになんかも行ってみたりして、

何でも手に入る事に対するありがたみを噛み締めたわけです。

衣料品から電化製品まで売ってるLANDMARKさんに2時間ほど滞在。
IMG_0317.jpg





関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/182-34a3498b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。