最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポカラでバイク

2009年09月17日 11:27

地球の歩き方に乗ってるポカラから2時間ほどのところにあるという温泉にみんなでバイクを借りていくことに。

色々というか、日本でこんな事起きたら警察呼ばなあかんだろ、的な事が起きたわけです。

バイクのレンタル料は、1日で350Rs(430円くらい)と激安。

ガソリン代が一リットル 85円くらいはするので、5リットルも入れるとレンタル料よりガソリン代のほうが高くつくのです。
IMG_0066-1.jpg


そんなわけで、大してまともな地図もなく、中古の125ccのバイクにも不安を抱えながら、ポカラを出発。


出発早々、もう一台のバイクのエンジンの掛かりが悪いのか、ドライバーなおくんの運転技術のせいなのか分からないけど、坂道の途中で立ち往生をし、なかなか発車できない様子。




そこで、僕は彼を助けるべくUターン。




ところが、道の途中にあった紙か何かに前輪が乗っかり、前輪ロック


そのままスルスルスルーと坂道をコントロール不能なまま僕のバイクは下ってしまい、


ついには、道の途中で立ち往生していたなおくんのバイクの後ろの部分目掛けて、

激突!!


という事で、出発して30分も経たないうちに、事故発生。


なおくんのバイクは、道に投げ出され、僕はそのまま少し下って停止。

周りで観ていたネパール人は、はははって笑ってました。僕らも笑ってたけど。


幸い、お互いのバイクにも体にも損傷はなく、無事再出発。



ペンショントゥシタの人に教えてもらった行き方が間違ってて、

ポカラから15キロくらいの道を大幅に行き過ぎてしまったんだけど、

川沿いの直線のそのは、バイクで走るには本当に気持ちよく、爽快で、

「イージューライダー」が頭の中で流れちゃってる感じ。

風を切りながら、馬力が無いバイクだけに、フルスロットルで走らせて頂きました。



何とか、温泉への道に復帰した後は、細い田舎道をひた走り、
IMG_0064-1.jpg




温泉に近づいていくと、ちょっとした渓谷のような場所に入っていき、
IMG_0057-1.jpg


道は荒れて、坂も急。




そして、ここで再び事件発生。




なおくんのバイクの後ろに乗ってたななちゃんが、バイクのバランスを崩した弾みで外に

投げ出される!!


その二人の後ろを走ってたので、彼女がバイクから落ちていく様子を目の当たりにしつつも、

坂を下って、ちょうど橋のところで僕のバイクも止める。




ところが、これだけでは終わらず、僕のバイクがやや傾いた場所に置いてしまったがために、

バイクがそのまま道を外れて、川のほうへとずるずる落ちてく!!



やばいと思ったけど、ちょうどそこには大きな岩があり、何とかほんの少しずり落ちただけで、

バイクは停止。

ただ、一人でそれを道まで引っ張りあげることが出来ず、たまたま通りがかったネパール人が

助けてくれ、何とか回復に居たりました。

彼ら曰く「ここは、よく落ちるから気をつけな」との事。

確かにガードレールなんて無いし、道は荒れてるから、ひとつ間違えば、川に落ちかねないそんな場所。

あー、こわっ。



とりあえず、バイクに損傷はなく、ななちゃんも大して怪我も無い様子なので、出発。







温泉に到着し、バイク駐輪代 5Rsを支払い、いざ露天風呂へ。







ガイドブックには午後になると、地元の人たちでいっぱいになると書いてある。
その割には、ずいぶん静かだなと思いつつも、温泉へと歩くと




あれ?

一人しかいない。

それどころか温泉 ちっちゃいし、浅いし。

しかもぬるいし


IMG_0025-1.jpg

IMG_0046-1.jpg


写真じゃ分かりにくいかも知れないけど、体を浸かるなんて事は不可能で、

足をつけるのが精一杯。


これは季節要因なのか、なんのか。


でもそもそも風呂の枠がもともと小さくて、大勢が入れるような気配じゃない。




結局、ぼくらはほんの少しぬるいお風呂で足湯を味わい帰路に着きました。




ポカラに到着する手前で、再びなおくんのバイクは事故に。


道を走ってると、左側で止まってたバイクが後ろも確認せずに急にUターンしようとして、

なおくんのバイクと激突。

完全に確認してなかった運転手が悪いと思うんだけど、「ここ傷ついた」とか

ネパール語で静かなる文句を言ってました。バイクには大して傷は見当たらず、運転手も全然平気そうでした。

こっちは、こっちで日本で、そっちが悪いんでしょ、大して問題ないでしょ、じゃあね、って事で、

向こうも仕方ないなって様子だったので、そのまま示談成立した気配になったので、

宿目指して、バイクや目指す。






バイクを返すときに、傷とかチェックされて、当然これだけの事故起こしてるんだから、

なおくんのバイクとか何か言われるだろと思ったけど、彼のは特に何も言われず、

僕のバイクが岩に落ちてった時についてたと思われるフロントカウルの傷に

修理代求められる。


とはいっても、わずかに100ルピー(120円)   安っ!!





それがネパールみたいです。




その後は行きつけのNEWARI Kitchenでビールを頂きましたとさ

IMG_0067-1.jpg














関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/153-36decffb
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。