最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界のてっぺん エベレスト登場  チベットツアー その3  

2009年08月29日 11:34

朝、8時頃車は出発し、世界一高い山エベレストへと向かう。

途中、検問があり全員おろされてパスポートをチェックされた後、峠をのぼり続ける。
IMG_2606.jpg

IMG_2603.jpg


気づけば眠っており、目が覚めると峠に到着。







そして遥か彼方で奴が頭を見せる。
IMG_2619.jpg

人間が生まれるずっと前の何十億年もの間、この地球でずっと世界一高い山であり続けるエベレスト。


8848mだか8849mだか8850mだか標高の高さで揉めてるらしいけど、

あまりにも唐突で、心の準備が全く出来ていなかったのでエベレストさん(チベット名:チョモランマ、ネパール名:サガルマータ)が急に目の前に現れて自然の尊さや偉大さを心から感じ、鳥肌立ちっぱなし。



こんなでかいものを前にして、自分は人の運転する車でただただ近づくだけ。

人間1人の力じゃどうにもならないくらいに、ただただ大きいヒマラヤ山脈を遠くに望み感動を覚えるなか、

車は峠を下り、再びベースキャンプに向かう。


数時間後、ベースキャンプに到着。エベレストは今にも頭を隠そうとしていた。
IMG_2675.jpg

ベースキャンプというほどだから、これからエベレスト登頂に向かう登山隊がひっそりとキャンプを張ってるかと思いきや、有名なホテルの名前をもじったテントが乱立している。


自分達もそこの一張を宿にして、40元払ってバスで、そこからベースキャンプへと向かう。
IMG_2686.jpg

IMG_2698.jpg

ベースキャンプにたどり着くと、すでにエベレストは雲に完全に隠れており、
標高5,200mのその地では、冷たい風が吹き荒れる。


そこに20分ほど寒さと風邪と戦った後、テントに戻り、世界一まずいラーメンを味見。
味が無い上に、油まみれ。もともとは炒面。それがまずくて食べれなかったので、ラーメンにしてもらったけど、相変わらずどうしようもなかった。
IMG_2710.jpg


標高が高くなってからやっぱり高山病みたいなものにかかってるらしく、
頭痛時々下痢に襲われており、それでもそんなには辛くなかったけど、これ以上高いところに
登ったら、人間おかしくなっちゃうよな。


こんなに世界は美しいのに、こんなに世界は輝いているのに(ナウシカ 漫画版より)

土に根を下ろし 風と共に生きよう 種と共に冬を越え 鳥と共に春を歌おう(ラピュタより)



地球と仲良くしなくちゃ。




























関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/136-2b338ffc
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。