最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

標高3,500mをMTBで全力で登坂して高山病(ラサ・デプンゴンパ)

2009年08月23日 20:05

チベットツアー出発は翌日。

ラサには、まだまだ滞在していたかったけど、ビザの期限もある事だし、
パーミットがあるわけでもないので仕方ない。

連泊中のバクナショーホテルのドミトリー同室には西寧から自転車で一ヶ月かけて来たという

学生を休業して、一年働いて、またこれから学生に戻るという英語が尋常じゃなく

上手な中国人が泊まっていて、

前日の晩は彼に「中国の悪い点はなんだ?」だの、「毛沢東についてどう思う?」、「今、日本が抱える問題は何?」「日本民族は、どこから日本列島に入ってきたの?」だの大変込み入った質問を英語で夜中までずっとしてくるもんだから、翌朝は完全に寝不足。それに、そんな難しい質問に英語で答えるだけの力量は僕にはあるはずもなく、英語の勉強不足を痛く実感。






そして翌朝。

彼「今日は、どこいくの?」

僕「自転車を借りて、デプンゴンパに行くつもり」

彼「ジョカンもセラ・ゴンパもチベット人に紛れてタダで入ったららしいじゃん?
どうかその方法を僕に伝授してくれ。君に今日はついていくよ」

お寺を参詣するにはどうも動機不順のような気がしたけど、断る理由もないので承諾。

そして、ホテルのすぐそばの自転車屋さんでMERIDAのMTBを借り、

チベット人に紛れるべく、かなりの軽装で、ラサの中心から西に数Kmのところにあるデプンゴンパへ。
IMG_0554-1.jpg


デプン寺は、坂を相当上ったところにあり、大きな通りを右に曲がると、

日本のどこにでもある狭くて幾重にも巻かれた傾斜の有る坂が登場。


その坂を何の気なしに登っていると、日本の坂を自転車で上りまくってた頃を思い出して、

やたらと楽しくなってくる。傾斜はどんどん激しくなり、ずっと立ちこぎ。そして全力で坂のてっぺんを

目指してひたすらこぐ。途中、お寺を参詣するためのチベット人が大量に乗ったちんたら走るトラックも

抜いて、気づけば、一緒に来た中国人ははるか後方。


走りながら、ここが標高3,500mの高地である事を思い出したけど空気の薄さなんて一切感じず、そのままデプンゴンパの駐車場到着!!


本当に久々のMTBでの登坂。ラサでこんなに楽しい事出来ると思わなかったな。やっぱ自転車で旅してーや。



その後は、デプンゴンパにチベット人に紛れて入ろうと思ったけど、入ろうとするチベット人がいなかったので、出口からあまりにもあっさり入場。

途中、一緒に来た中国人とははぐれてしまい一人で観光。

山の上に有る上に、チベット最大の寺という事だけあって、寺を回るのは一苦労。

もう本当に疲れて、一つ一つの仏像や画を真剣に拝む余裕がなかった。

数日後というか、8月23日現在では開かれているチベット最大のお祭り ショトン祭で、これまたチベット仏教最大の大タンカ(チベット仏教の宗教画)が公開されるであろう場所。

このでかい石に、仏陀を書いてしまうチベット仏教のセンスは見事。
IMG_2153.jpg

誰も登ってこない岩場から見たデプン寺。
IMG_2199.jpg

途中、チベタンから触らないように注意された緑色の実。これに触ると、肌がすぐに腫れるそうな。
IMG_2220.jpg

彼の指の先には、壁にあいた小さな丸い穴があって、目をつぶってその穴に指を入れられれば、何かあるそうな?僕も試したけど、おおはずれ。
IMG_2227.jpg

こんなお寺が広い敷地にいくつもあります。
IMG_2240.jpg

デプンゴンパは本当に広いし、多くの建造物があり、建物と建物の間を迷路のように歩き回る
この狭い道の雰囲気は、ヨーロッパ(行ったことはないけれど)に似てるんじゃないかと勝手に想像。
IMG_2249.jpg


各寺内部の仏画や仏像は、写真撮影が有料で撮っていないんだけれど、どれも非常に凝った画になっており、ジョカンやセラゴンパにもあったけれど、チベット仏教の奥深さやユーモアさ、芸術的な一面を堪能出来て、疲れてはいたけど、価値ある参詣に。



その後、全力で登ってきた坂を今度は全力で下るとともに、敢えて道を外れてこんな道を走ってみたりして、
IMG_0557-1.jpg

楽しいレンタサイクル&お寺参詣日和となりました。







ところが、その後5人で集まって明日の準備のために買出しに出かけたときには、

かなり刺激的でエキサイティングな頭痛に襲われ、調子に乗って自転車を漕ぎまくった

ツケが来た。


でも、どういうわけかこの頭痛 バファリン飲んで30分立つと、イチコロにどっか飛んで行ってくれます。

普段、全然薬飲まないせいか、効き目抜群。






関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/130-d7229417
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。