最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポタラ宮へ

2009年08月16日 09:42

ラサ到着して、バスに乗ると頼んでもいないのにポタラ宮の前をあっさり通り過ぎます。

バスに乗って、橋を渡るくらいまでなんてことのない中国の田舎町で、

その雰囲気からここは下呂温泉か?とか思ってたのですが、

やっぱり下呂温泉にポタラ宮はありません。

ラサに温泉は見当たらないのですが。


同じくバスに乗ってた中国人の観光客の女の子は、ポタラを前にして涙してました。多分だけど。


翌朝、とりあえずポタラ宮を見に行ったわけですが、

この存在感、そしてこの荘厳さが放つ雰囲気には何度目の前を通っても圧倒されっぱなし。


ポタラの周りを囲むマニ車
IMG_1830.jpg

ポタラ宮の後ろにある仏塔
IMG_1831.jpg

ポタラ宮の入り口そばにある肉屋さん
IMG_1837.jpg









そして世界遺産のポタラ宮
IMG_1877.jpg


これもポタラ宮
IMG_1870.jpg


ポタラとジジ
IMG_1845.jpg


パーミットなしで連泊中のお部屋
IMG_1878.jpg

ポタラ宮への入場料は100元で入場制限があり、前日に予約をしなければならないそうです。

この写真を撮ったついでに、ちょっと入ろうと試みたのですが、相変わらず後ろから怒鳴られる始末。

ポタラ宮は、すでに博物館になってしまってるらしく、同室の中国人に中の感想を

聞いたけど、ぱっとしない返事が返ってくるし、やっぱポタラは外から見るのが1番なんじゃないか?

と勝手な推測の下、ポタラ宮への入場は諦めました。


正面のほうから入ってみても、そこはチベタンなら難なく入れるけど観光客は入れないらしく、

「だめよ!」って言われます。

「ちょっとだけ、ちょっとだけ」と言って見ましたが、ほんの数歩歩いて写真撮影を

許されただけで、なかなかこれだけの建物への無料での入場は難しそうです。


3日目には成都で出会った日本人達と合流し、この入り口付近でたむろしていたチベタン達に混じって

親切にもタバコとビールを無限に頂くというなんとも幸せな時間を過ごしておりました。

50歳くらいかと思ったおばちゃんが36歳だったり、飲みすぎて酔っ払って日本人の女の子に絡んでる

おじさんが他のチベタンに「しっしっ」ってやられて哀れに退散してたり、

ほとんど言葉通じなかったけど、素敵なひと時でした。


ちなみにチベタンは1元で入れるそうです。

関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/125-f71e6860
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。