最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高山病=ちょっと重い二日酔い

2009年08月15日 13:45

ラサに到着して2日目。



標高4,000mの理糖では、頭痛こそあったものの2日目にはほぼ回復し、

元気に日食鑑賞に出れたわけだし、ここ3650mのラサならそれより低いから、

大丈夫だろうと侮ってました。




朝、頭痛はないけどベッドから離れる気力が出ず、胃が気持ち悪い。

この感覚、何かに似てるとベッドに張り付きながら考えること1時間。






二日酔い とそっくりだ。




そんな事を思いつくや否や、トイレに駆け込み昨晩食したチャーハンが元通りに戻される。



でもって、再びベッドに張り付く。完全に何もやる気がおきない。



そんなことを繰り返しながら誰もいない4人部屋でもがくこと数時間。


そして、バファリン飲んでお昼寝。


14時くらいに目が覚めると、だるさは残るものの体調は回復していて、お外に出発するまでになりました。

二日酔いのときは、たいてい午前中は変な言い訳考えて会社をお休みしたこともあったけど、

午後までベッドから出れないほどの二日酔いはそうはありません。



五体投地を見に行く前に、自分がベッドに五体はりつけになってたわけです。



その後ラサに数日居て、高山病の症状は主に頭痛と下痢くらいだけど、

大して重くも無く元気にやっとります。







関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/123-2e041c1d
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。