最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青蔵鉄道乗車。

2009年08月13日 09:54

蘭州駅で荷物を回収し、出発の一時間くらい前には駅に入っておこうと入場を試みる。

ラサ行きのチケットを入り口で見せると、「違う、あっち、あっち」みたいな事を言われる。

どういうこと?とか思いつつ、もうひとつの入り口から無理やり駅に入ってみる。

するとラサ行きの電車は、ラサ行き用の待合室が他のところにあるらしく、いったん駅から退場。

そして、ラサ行きの待合室へ。

他の人から聞くところによると、西寧では、ラサ行きの待合室にはチェックする人が居るとかいないとか。

そんな話もあるので、ちょっと緊張しつつもラサ行きの待合室へ。

普通に荷物のX線チェックを受け、なにごともなく待合室への入場成功。

外国人だとばれてパーミット見せろって言われて、揉めたりするシチュエーションも想定してたんだけど、何もなし。

改札のところに誰も居なかったから、まだ検札の時間ではなかったけど、中に入っちゃえば関係ないやとか思って、ずんずん進んでみる。

すると、後ろのほうから怒鳴り声が。

隣に居たずいぶんでかい荷物を肩に担いだおっさんに言ってるのかと思いきや、どうやら僕に怒鳴ってるらしく、後ろから空のペットボトルを投げつけられる。

それで、怒鳴り主のおばさんに切符を見せたら

「まだ時間じゃないから、そこで待っとれ!! おまえ中国人か?」

とか言われる。

「うん」って答えて、さっさと待合室に戻っておとなしく座る。

結局、電車の時刻が1時間ほど遅れたんだけど、怒鳴ったおばちゃんが

改札をしてくれて、何を言われるでもなく普通に青蔵鉄道への乗車に成功致しました。

IMG_033100.jpg
広州から遠路はるばる来てるバージョン。
おかげで、車内はすでに結構ばっちぃ。








関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/120-7400a720
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。