最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三顧の礼(成都)

2009年07月20日 20:04

成都に初めて入ったのが、5月11日。

翌日は、四川大地震から一年の5月12日で、武候祠は、入場無料でした。

KOEIさんが一生懸命作られた三国志を小さい頃からせっせと遊んだおかげで、何となく

武候祠に祀られてる武将の方々の活躍っぷりを想像しながら観光する事が出来ました。


この時は、孔明先生にお会い出来たものの無料に便乗する中国人の方々が余りに多すぎて
ゆっくりお話する事が出来ませんでした。
IMG_6214.jpg



二度と行くことはないと思ってたけど、横山光輝の三国志を60巻読破してしまい、

行かずには居られなくなり、折角パンダカードという60元もの入場料が無料になってしまう

素敵なカードも手元にある事だし、6月26日に訪問させて頂きました。

この時は、前回お会いできなかった趙雲さんや馬超さん、黄忠さん、姜維さんとお会いできたのですが、孔明先生はご不在のようでした。
IMG_0746.jpg


正直、三顧の礼だなんて微塵も考えてなかったのですが、宿で知り合った女の子もちょうど

2回行っており、日本に帰国する前の日に三回目の武候祠訪問をして三顧の礼を済ませるという

話をしていたので、便乗しまして僕も武候祠につい先日の7月17日三度目の訪問をさせて頂きました。


ところが、パンダカードは一回しか使えないし、2度も行ってる武候祠に60元を払うのは、

少々癪だな。という事で、とりあえずはパンダカードでの入場料を試みるけど、

一回の入場記録があり却下。

それでも、粘り強い交渉を続け、最終的には彼らに三国志流のお辞儀を一緒に居た女の子が

することで、係員も面倒くさくなったのか入場することに成功しました。

三度目は、かなり強烈な雨が降っていて観光客はまばら。

傘を持っておらず、ずぶ濡れになりながら三度目の孔明先生への訪問を

する事が出来、今彼と一緒に行動しています。
IMG_0139.jpg


先生の賢さには、頭が上がりません。





関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yadohanashi.blog23.fc2.com/tb.php/106-363922e9
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。