最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おしまい。

2011年11月28日 22:38

結局、どの時点で世界一周が終わったのか

ゴールテープらしきものが無かったので、

いまいち世界一周の実感を感じられる感動的瞬間は正直なかったです。

ゴールの瞬間の感動って意味では、マラソンとか登山とかヒルクライムとか、

しっかりスタートとゴールが用意されてて、

想定を超えた辛さなんかが全編でたっぷりと用意されてる方が、

よっぽど感動できるけど、

そんな事全然問題じゃありません。




とにかく北海道、札幌市へと戻りまして、
DSC_1587.jpg


二ヶ月ばかり、旅に出る前と同じように家族と過ごせた事で、

たっぷりと旅の終わりというものを実感するに至りました。

妙な充足感に浸りまくる事が出来ました。
DSC_1786.jpg



改めて北海道の良さを感じる事が出来ましたし。
DSC_1868.jpg




帰国して、もはや半年近くのろのろと更新してたブログですが、


日本帰国編もこれで終わり。



旅は終わりました。

お疲れさまでした、おれ。


DSC_1582.jpg



出発の日の写真ですね。
IMG_4264.jpg







スポンサーサイト

そういうことで世界一周もそろそろ終わります。

2011年11月21日 21:50

京都の事を書いたのち、じんわりと放置してしまいましたが、

まぁ、日本に帰国してなんだかんだでかれこれ半年も経ち、

今の僕はなんとなく戻るべきところに戻ってきたなぁと日々の生活を

淡々と過ごしている最中です。



もう今更京都の後の事を書くのも、馬鹿らしくなってきたんだけれど、

とりあえずは締めとかなくちゃいかんと思いますので、

続き。




といっても日本だし、大してネタもないんだけれど、

京都から深夜バスで静岡へと移動し、


馬乗ったり、

DSC_1357.jpg


三保の松原行ったり、
DSC_1398.jpg



ネパール人に絡んだりして、
DSC_1396.jpg



さっさと電車で横浜へ向かって、


中華街行ったり、
DSC_1433_20111121213013.jpg

横浜ぶらついたりしたぐらいなもんで、
DSC_1528.jpg


本当にこれといって特別な出来事はないんだけれども、この時点でまだ僕の世界一周は終わってなかったはずなので、

一応記録しておこうかなと。


東京に辿り着いて、一番気持ち悪かったのは、お酒の飲みすぎよりむしろこれですね。


これって、雪の結晶が思わず整合性のとれた自然の美しさであるのと同じように、

人間が作り出す意図しない自然の気持ち悪さですよね。


この感じってインド人が電車に乗りまくって、

乗車率2000%とかになってる風なあの画像ぐらいに

世界びっくりシーンの一つだと思います、ほんと。


ここ、ロンリープラネットに乗っててもおかしくない絶好の観光地だと思う。



それと、平日の昼間に山手線に乗ってて、

新橋なんかを通過した時は、

スーツを着た企業戦士の皆さんが、

恐らく実際の戦争と同じぐらいの死亡率(そんなにはないと思うけど)を

そのストレスと過労というリスクによって抱えてる中、

戦ってらっしゃるシーンを拝見しまして、

まぁ、日本の現実にうんざりしたわけで。




やっぱり改めて日本に2年ぶりに戻ってみると、

色々と当たり前だったものに驚かされましたね。


この小さな島国日本国での当たり前な事の多くが、

意外と全然当たり前じゃなかったりするんだけど、

実はそれはほかの地域や国の文化や習慣も同じで、

やっぱり広い視野で物事を見て考えるってことは、

心の狭い人間にならないためにとても大切な事で、

世界一周したこの経験は間違いなく今後の人生で、

心に余裕をもたらすようなとても良いスパイスに、

なってくれる事を勝手に期待しております。













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。