最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滞在時間16時間でごめんなさい

2011年05月20日 19:45

ホンジュラス国境を越える。

国境から続く道を10分歩く。

バスに乗る。

US1.7ドルを支払う。

4時間、日が暮れつつある車窓を眺める。

夜のエルサルバドル首都サンサルバドルに到着してしまった。




エルサルバドルとサンサルバドル。


なんとなくイメージは内戦だけど、今はそんな物騒な事に陥ってない事を心からお祈り申し上げる。




日没後に到着しちゃったもので、とりあえずバスターミナルから安宿がありそうなところへ、

路線バスで移動して降ろされた場所は、

道行く人が恐ろしく少なく、電灯も少なく、恐ろしい場所。


なんとなく中米各国の首都ってのはどこもかしこもまとめて危険なイメージ。


実は、サンサルバドルも御多分に漏れず、やっぱりそこそこ危険らしい。



数少ない通行人に安いホテルの場所聞いたら、親切にも教えてくれて、

あっさりと見つかってくれて、ほっとした。




ただ、こういう都市での暗い道において人通りが少ない状況で、

全ての所有物を抱えて歩くというのは

たまらなく緊張する。


何しろどこからともなく銃やらナイフやらを所有した悪党どもが、

有無を言わせずに僕をぼこぼこにして、身包みはがしてくれる可能性が

わずかでもあるわけで、今思ってもあれは緊張したひと時だったと我思う。



そんなハードルをとにかくクリアーして、僕はサンサルバドルでの朝を迎え、

もうほとんど何をしていいやら情報が無い中、兎にも角にも町の中心へと向かう事にする。

中心部は、政治機能や経済機能が集中してるっていうより庶民が利用する店がごちゃっとしてる。
DSC_0074_20110519153138.jpg

そして、やっぱり治安が悪いのか、ただの薬屋の前でこの装備。
DSC_0078.jpg

コピー天国。先進国以外、アジア、アフリカ、中南米まるごと著作権という概念は存在していないと思う。
DSC_0081.jpg

ごりっとイチオシされてる、サンサルバドル中心にあるカテドラルの装飾。
そして、これが全て。(Catedral Metropolitana de San Salvador)
DSC_0083.jpg

香辛料やさん。香辛料は豊富なのに、その辺の店の食事はいまいちなんだよな。ぽるけ?
DSC_0091_20110519153135.jpg

朝っぱらから活気だけはありまして。
DSC_0101.jpg



ちょっと歩きつかれたから、公園でぼーっとしてたら

宗教の勧誘。ものみの塔の皆さんは世界中どこ行っても変わらぬ雰囲気を持ってらっしゃる。



それを断ると、携帯電話の勧誘が到来。

スペイン語あんまし分からんのよぉ。って言ったけど、

日本のアニメが好きだとか言って、なんか色々喋っていった。



いつもいつも海外で人気の日本のアニメは「ナルト」よね。

でも、「ナルト」の事一切知らないもんでして、相手が何人であろうと、

もはや日本人相手だろうと、僕は「ナルト」の話はできませんよーだ。


多分、彼はジャッキーチェンを装ってるんだと思われる。
僕は「チーノ」じゃありませんよーだ。
DSC_0102.jpg



サンサルバドルも午前中だけでさっさと終わり。そして、さっさとエルサルバドルも終わりまして、

再びグアテマラを目指したのでした。




スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。